全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

赤澤内閣府副大臣が土石流災害現場を視察 長野県岡谷市

今井竜五市長(左)らから土石流発生の状況を聞く赤澤亮正内閣府副大臣(中央)=岡谷市川岸東の土石流災害現場

 大雨で大きな被害を受けた岡谷市を24日、防災担当を務める内閣府の赤澤亮正副大臣が訪れ、土石流に巻き込まれて3人が死亡した同市川岸東の災害現場などを視察した。今井竜五市長をはじめ市や県の担当者の案内で現場を確認。復旧や防災に必要な支援について意見を交わしたほか、市と県から大雨災害に関する要望書を受け取った。内閣府や県、市から約20人が参加した。

 赤澤副大臣は被害住宅の近くで、航空写真を見ながら土石流の発生源2カ所の場所や土砂流出量など被災状況を聞き、住宅裏に残る土石流の跡を視察。2006年7月の豪雨災害後に築造した同市湊の小田井沢川4号砂防えん堤にも足を運んだ。市土木課によると、今回の大雨では市内数カ所の砂防・治山施設が下流への土砂流出を食い止めたといい、赤澤副大臣は土砂や流木がたまるえん堤を見た。

 市が提出した要望書は▽激甚災害の指定および災害応急対策等への財政措置▽砂防えん堤等に堆積している土砂等の早期撤去▽被災地の安全確保に向けた砂防えん堤の築造―の3項目。公共土木施設や農林水産基盤の復旧、復興の支援、今後の災害に備えた砂防えん堤等の機能回復などを要望した。今井市長は「復旧復興を進めるためには国の力添えが必要不可欠」と支援を求めた。

 赤澤副大臣は取材に、視察で砂防えん堤の効果を再認識したとし「予算を確保して砂防えん堤がない所には造り、ある所は流木などを排除して機能を回復させることが絶対的に必要と強く認識した」とコメント。川岸東の被災地には「砂防えん堤ほどの大規模なものではないが、今回と同じぐらいの雨が降り、土砂が流れた際に同様の事態に至らない工夫を考えていかなければならない」と防災対策の必要性に言及した。

関連記事

荘内日報社

人を生かす農業絶やすな/多くの農家と交流感謝 やまがた農業女子ネットワーク..

 県内の女性農業者でつくるやまがた農業女子ネットワーク「あぐっと」による講演会が1日、鶴岡市の山形大学農学部で開かれ、学生44人が講演やワークショップを通じ、就農の課題や現状について考察した。 ...

ヤマメのいずし、樽前養鱒場で製造ピーク「にぎやかな年末彩って」

師走に入り、苫小牧市糸井の樽前養鱒場(石川正剛代表)で、白老町虎杖浜産のヤマメを使ったいずし作りがピークを迎えている。  同養鱒場はニジマスのいずしや薫製「たこでなし」が看板商品だが、尾頭付き...

「40年前のステッカー」好評 配送商品の購入者特典 帯広・平和園

 焼肉の平和園(帯広市、新田隆教社長)は、自社オンラインショップなどでのギフト商品拡充を記念し、購入者対象に期間限定で40年前から保管してきた平和園オリジナルステッカーを贈呈するサービスを行ってお...

宇部日報社

カタログギフト「ぶちうま!山口」がリニューアル

 県産原料100%をコンセプトとしたカタログギフト「ぶちうま!山口」が5年ぶりにリニューアルし、1日から販売を開始した。掲載商品は全197品。AR(拡張現実)で掲載商品を使った料理を見られる機能...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク