全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

アカテガニ 交通事故死から守れ 奄美市笠利町で保護活動

満潮を迎え、一斉に海に向かうアカテガニ。円内は拡大写真=21日、鹿児島県奄美市笠利町

 千葉県を拠点に全国で活動する災害時ペット捜索・救助チーム「うーにゃん」のメンバーは21日、アカテガニの交通事故死(ロードキル)を減らそうと、鹿児島県奄美市笠利町外金久の県道602号と同町喜瀬の国道58号で保護活動を行った

 アカテガニ(ベンケイガニ科)は日本の東北地方から沖縄、朝鮮半島、中国北部、台湾に分布する極東地域の固有種。甲羅の幅は4センチほどで、普段は森などの陸地に生息する。夏の大潮時期になると幼生を放つため海に向かう習性があり、毎年、陸と海を隔てる海岸道路では放仔場所まで到達できず、子を抱えたまま死に至るケースが多発しているという。

 2017年、絵本作家で同チーム代表のうさ(本名・田中麻紀)さんが熊本地震で救助したネコを奄美在住の里親に譲渡するために来島した際、ひかれた無数の死骸を目の当たりにし、活動をスタート。今年で5回目の実施となる。

カニにストレスを与えないよう誘導する「うーにゃん」のメンバー=21日、鹿児島県奄美市笠利町

 同日は満潮を迎える午後6時半ごろから活動を開始。反射タスキを身に付け、ほうきとトレー、懐中電灯を手に、車が通るたびに卵を抱えている個体は海へ、抱えていない個体は山へと誘導した。活動中、暗がりにバキバキと車にひかれる音が響くと、メンバーの口からは「苦しい音ですね…」との言葉がもれていた。

 うささんは「絵本の創作テーマでもあるのですが、人間も動物も同じ、大切な尊い一つの命。車のスピードを少し落とすという気持ちだけで、また専用のトンネルや看板を設けるなどの工夫をするだけで、救える命はたくさんある。奄美は世界遺産に登録されたこともあり、人と動物が共生できるより良い環境が整うことを願って、今後も活動を続けたい」と話した。

関連記事

紀伊民報社

みこし担いで海へ 熊野神社の潮掛け神事

 地元で「お熊野さん」として親しまれている和歌山県白浜町才野の熊野神社で13、14日、例大祭が営まれた。コロナ禍の影響で規模を縮小していたため、通常通り営むのは5年ぶり。地域をみこしが練り歩き、...

ウトナイ湖の春満喫 野鳥観察会に70人 苫小牧

苫小牧市植苗のウトナイ湖サンクチュアリネイチャーセンターと日本野鳥の会苫小牧支部は13日、同湖畔で「春のウトナイ湖野鳥観察会」を開いた。市内外から約70人が参加し、湖畔の豊かな自然に触れた。 ...

荘内日報社

「ばんけせんべい」完成 オリジナル米菓販売スタート 公益大生×酒田米菓×メカ..

 東北公益文科大学(酒田市、神田直弥学長)の学生たちが、菓子製造・酒田米菓(同市両羽町、佐藤栄司社長)、環境設備・装置製造などのメカニック(同市砂越、佐藤優社長)と共に取り組んだオリジナル米菓「ば...

父の遺志継ぎ寄り添う医療 帯広20条小児科内科クリニック診療再開

 20条小児科内科クリニック(帯広市西20南3、佐藤琢史院長)が15日、リニューアルして診療を再開した。先代院長の佐藤範宏さん=享年(71)=の死去で休診していたが、東京都内で小児科医をしていた長...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク