全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

アカテガニ 交通事故死から守れ 奄美市笠利町で保護活動

満潮を迎え、一斉に海に向かうアカテガニ。円内は拡大写真=21日、鹿児島県奄美市笠利町

 千葉県を拠点に全国で活動する災害時ペット捜索・救助チーム「うーにゃん」のメンバーは21日、アカテガニの交通事故死(ロードキル)を減らそうと、鹿児島県奄美市笠利町外金久の県道602号と同町喜瀬の国道58号で保護活動を行った

 アカテガニ(ベンケイガニ科)は日本の東北地方から沖縄、朝鮮半島、中国北部、台湾に分布する極東地域の固有種。甲羅の幅は4センチほどで、普段は森などの陸地に生息する。夏の大潮時期になると幼生を放つため海に向かう習性があり、毎年、陸と海を隔てる海岸道路では放仔場所まで到達できず、子を抱えたまま死に至るケースが多発しているという。

 2017年、絵本作家で同チーム代表のうさ(本名・田中麻紀)さんが熊本地震で救助したネコを奄美在住の里親に譲渡するために来島した際、ひかれた無数の死骸を目の当たりにし、活動をスタート。今年で5回目の実施となる。

カニにストレスを与えないよう誘導する「うーにゃん」のメンバー=21日、鹿児島県奄美市笠利町

 同日は満潮を迎える午後6時半ごろから活動を開始。反射タスキを身に付け、ほうきとトレー、懐中電灯を手に、車が通るたびに卵を抱えている個体は海へ、抱えていない個体は山へと誘導した。活動中、暗がりにバキバキと車にひかれる音が響くと、メンバーの口からは「苦しい音ですね…」との言葉がもれていた。

 うささんは「絵本の創作テーマでもあるのですが、人間も動物も同じ、大切な尊い一つの命。車のスピードを少し落とすという気持ちだけで、また専用のトンネルや看板を設けるなどの工夫をするだけで、救える命はたくさんある。奄美は世界遺産に登録されたこともあり、人と動物が共生できるより良い環境が整うことを願って、今後も活動を続けたい」と話した。

関連記事

荘内日報社

酒田東高 海岸清掃活動通じて 「海ごみ」考える

 県立酒田東高校(大山慎一校長)の2年生164人と教職員が25日、酒田市の宮海海岸で清掃ボランティアを展開、気温が上昇し、海よりの風もほとんどない中、生徒たちは額に汗しながら打ち上げられたごみを拾い集め...

スズメバチの巣、節足動物が越冬に利用 古澤さんと岡宮さん論文が海外学術誌に..

苫小牧市高丘の北大苫小牧研究林内で冬季、スズメバチの巣が、クモなど他の生物の越冬に利用されている可能性が高いことが分かった。北大大学院博士後期課程2年の古澤千春さん(26)と同研究林学術研究員の岡...

足湯付きドッグラン28日登場 道の駅十勝川温泉 全国初

 「道の駅ガーデンスパ十勝川温泉」(音更町十勝川温泉北14)の外庭に、モール温泉を利用して整備された、全国初の犬の足湯付きドッグランが28日にオープンする。  ドッグランは、広さ約490平方...

徳之島の宝守ろう 希少動植物紹介する下敷き 保護協議会が島内の学校に贈呈

 徳之島地区自然保護協議会(事務局・鹿児島県伊仙町役場きゅらまち観光課)は24日までに、島内の小中学生、高校生に自然環境保全の啓発を目的に製作した下敷き2660枚を贈呈した。同協議会は「環境保...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク