全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

宇部日報社

宇部高専の学生らが小野和紙のために叩解機製作 宇部

ビーターを製作した来嶋君、小松尾君、安重君(左から、旧小野中で)

 宇部高専(山川昌男校長)の学生が製作した小野和紙の原料・コウゾの繊維をたたきほぐす叩解(こうかい)機「ビーター」が、旧小野中にある紙すき場に設置された。21日には完成機を稼働させ、伝統文化の継承に向け気持ちを新たにした。     同校独自のカリキュラム「地域課題解決型PBL」の一環。中山間地域活性化に励む「小野プロジェクト」に参加する制御情報工学科5年の安重颯人(はやと)君、小松尾真優(まひろ)君、来嶋紘知(ひろと)君が手掛けた。卒業生の槿(もくげ)優衣さん、土井佑香さん、逆瀬川佑月さんを含めた6人が、小野和紙を製造・普及している小野観光推進協議会文化伝承部会(末田昭男部会長、5人)と連携し、2019年度から和紙を使った商品開発などさまざまな取り組みを行ってきた。     学生たちは、小野和紙の課題や自分たちに何ができるかを熟考。地域と議論を重ねる中、作業の最終工程「叩解」のための機械が無く、部会のメンバー自ら、機械がある周南市鹿野まで赴き、和紙原料を仕上げていると知った。     制御情報工学科の3人は、授業で身に付けた電気、回路、プログラミングの知識などを生かして「ビーター」の製作に着手。ビーターは、長刀のような細長い刃(約20センチ)を周囲に10枚付けた軸が水中で回転して船(木枠)の中に入れたコウゾの繊維をほぐす仕組みになっている。     基本構造の設計、試作機作りと検証を経て先日、機材の組み立てが完了。3人は来春卒業を控えており、卒業記念品として小野地区に引き渡す形となった。     小松尾君は「地区内で一貫した和紙作りができないことも伝承の妨げになっていると考え、二度と途絶えさせてはいけないとの思いで臨んだ。3年間の活動を通じて地域伝統の文化や技術に触れられて光栄」と仲間と共に達成感を味わっていた。

関連記事

紀伊民報社

熊野本宮大社で合気道演武 植芝道場長の講習も

 和歌山県田辺市本宮町の世界遺産・熊野本宮大社の旧社地「大斎原(おおゆのはら)」で20、21日、「合気道国際奉納演武」があった。  同市出身で合気道の開祖・植芝盛平のひ孫に当たる合気道本部道場...

長野日報社

原村でじっくりボードゲームを 1日1組限定のリゾート

ボードゲームに没頭するリゾート施設「GAW(ガウ)」が、5月1日に原村原山にオープンする。都内の音楽制作会社が手掛ける新事業。アナログゲームマスターのあだちちひろさんが依頼者の思いに沿った最...

帯広信用金庫の防犯講座人気 詐欺事例、寸劇交え

 十勝管内でも特殊詐欺事件が相次ぐ中、帯広信用金庫(高橋常夫理事長)は、被害防止のための出前講座を続けている。具体的手口を寸劇を交えるなどして分かりやすく紹介、社会貢献事業として無料で行ってお...

荘内日報社

外国人観光客とおもてなし交流 酒田港 泉小児童 日本の遊び紹介

 外航クルーズ船「ウエステルダム」(オランダ船籍、8万2862総トン)の酒田港寄港に合わせ22日、酒田市の泉小学校の4年生42人が同港古湊埠頭(ふとう)に降り立った外国人観光客らに日本の遊びを紹介するなど交...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク