全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

宇部日報社

宇部高専の学生らが小野和紙のために叩解機製作 宇部

ビーターを製作した来嶋君、小松尾君、安重君(左から、旧小野中で)

 宇部高専(山川昌男校長)の学生が製作した小野和紙の原料・コウゾの繊維をたたきほぐす叩解(こうかい)機「ビーター」が、旧小野中にある紙すき場に設置された。21日には完成機を稼働させ、伝統文化の継承に向け気持ちを新たにした。     同校独自のカリキュラム「地域課題解決型PBL」の一環。中山間地域活性化に励む「小野プロジェクト」に参加する制御情報工学科5年の安重颯人(はやと)君、小松尾真優(まひろ)君、来嶋紘知(ひろと)君が手掛けた。卒業生の槿(もくげ)優衣さん、土井佑香さん、逆瀬川佑月さんを含めた6人が、小野和紙を製造・普及している小野観光推進協議会文化伝承部会(末田昭男部会長、5人)と連携し、2019年度から和紙を使った商品開発などさまざまな取り組みを行ってきた。     学生たちは、小野和紙の課題や自分たちに何ができるかを熟考。地域と議論を重ねる中、作業の最終工程「叩解」のための機械が無く、部会のメンバー自ら、機械がある周南市鹿野まで赴き、和紙原料を仕上げていると知った。     制御情報工学科の3人は、授業で身に付けた電気、回路、プログラミングの知識などを生かして「ビーター」の製作に着手。ビーターは、長刀のような細長い刃(約20センチ)を周囲に10枚付けた軸が水中で回転して船(木枠)の中に入れたコウゾの繊維をほぐす仕組みになっている。     基本構造の設計、試作機作りと検証を経て先日、機材の組み立てが完了。3人は来春卒業を控えており、卒業記念品として小野地区に引き渡す形となった。     小松尾君は「地区内で一貫した和紙作りができないことも伝承の妨げになっていると考え、二度と途絶えさせてはいけないとの思いで臨んだ。3年間の活動を通じて地域伝統の文化や技術に触れられて光栄」と仲間と共に達成感を味わっていた。

関連記事

荘内日報社

酒田東高 海岸清掃活動通じて 「海ごみ」考える

 県立酒田東高校(大山慎一校長)の2年生164人と教職員が25日、酒田市の宮海海岸で清掃ボランティアを展開、気温が上昇し、海よりの風もほとんどない中、生徒たちは額に汗しながら打ち上げられたごみを拾い集め...

スズメバチの巣、節足動物が越冬に利用 古澤さんと岡宮さん論文が海外学術誌に..

苫小牧市高丘の北大苫小牧研究林内で冬季、スズメバチの巣が、クモなど他の生物の越冬に利用されている可能性が高いことが分かった。北大大学院博士後期課程2年の古澤千春さん(26)と同研究林学術研究員の岡...

足湯付きドッグラン28日登場 道の駅十勝川温泉 全国初

 「道の駅ガーデンスパ十勝川温泉」(音更町十勝川温泉北14)の外庭に、モール温泉を利用して整備された、全国初の犬の足湯付きドッグランが28日にオープンする。  ドッグランは、広さ約490平方...

徳之島の宝守ろう 希少動植物紹介する下敷き 保護協議会が島内の学校に贈呈

 徳之島地区自然保護協議会(事務局・鹿児島県伊仙町役場きゅらまち観光課)は24日までに、島内の小中学生、高校生に自然環境保全の啓発を目的に製作した下敷き2660枚を贈呈した。同協議会は「環境保...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク