全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

宇部日報社

宇部高専の学生らが小野和紙のために叩解機製作 宇部

ビーターを製作した来嶋君、小松尾君、安重君(左から、旧小野中で)

 宇部高専(山川昌男校長)の学生が製作した小野和紙の原料・コウゾの繊維をたたきほぐす叩解(こうかい)機「ビーター」が、旧小野中にある紙すき場に設置された。21日には完成機を稼働させ、伝統文化の継承に向け気持ちを新たにした。     同校独自のカリキュラム「地域課題解決型PBL」の一環。中山間地域活性化に励む「小野プロジェクト」に参加する制御情報工学科5年の安重颯人(はやと)君、小松尾真優(まひろ)君、来嶋紘知(ひろと)君が手掛けた。卒業生の槿(もくげ)優衣さん、土井佑香さん、逆瀬川佑月さんを含めた6人が、小野和紙を製造・普及している小野観光推進協議会文化伝承部会(末田昭男部会長、5人)と連携し、2019年度から和紙を使った商品開発などさまざまな取り組みを行ってきた。     学生たちは、小野和紙の課題や自分たちに何ができるかを熟考。地域と議論を重ねる中、作業の最終工程「叩解」のための機械が無く、部会のメンバー自ら、機械がある周南市鹿野まで赴き、和紙原料を仕上げていると知った。     制御情報工学科の3人は、授業で身に付けた電気、回路、プログラミングの知識などを生かして「ビーター」の製作に着手。ビーターは、長刀のような細長い刃(約20センチ)を周囲に10枚付けた軸が水中で回転して船(木枠)の中に入れたコウゾの繊維をほぐす仕組みになっている。     基本構造の設計、試作機作りと検証を経て先日、機材の組み立てが完了。3人は来春卒業を控えており、卒業記念品として小野地区に引き渡す形となった。     小松尾君は「地区内で一貫した和紙作りができないことも伝承の妨げになっていると考え、二度と途絶えさせてはいけないとの思いで臨んだ。3年間の活動を通じて地域伝統の文化や技術に触れられて光栄」と仲間と共に達成感を味わっていた。

関連記事

長野日報社

特産かりんのシロップ漬け 出荷に向け手際よく作業 長野県諏訪市の原田商店

食品製造販売の原田商店(諏訪市湖南、原田俊社長)は、同市の諏訪湖ヨットハーバー近くの「かりん並木」で収穫された地元特産のかりん(マルメロ)を使う「かりんシロップ漬け」の製造を始めた。12月1日...

紀伊民報社

仏手柑収穫シーズン

 和歌山県田辺市内で、正月飾りや生け花などに使われる希少なかんきつ類、仏手柑(ぶっしゅかん)の収穫が始まった。  インド原産。形が仏の手のように見えることから、この名前が付いたといわれる。果肉は...

荘内日報社

出羽三山神社「松例祭」に備え 掛け声合わせ「厄綱」の綱打ち作業 コロナ収束..

 出羽三山神社の松例祭で使われる「厄綱」の綱打ち作業が28日、鶴岡市羽黒町荒川の農業・加藤忠志さん(74)方で行われた。地区の男性が「追い廻し」と呼ばれる太い綱を仕上げ同神社に奉納した。  例...

「とまチョップバス」市内中高生が側面にイラスト、道南バスが1日から期間限..

苫小牧の中学校と高校計5校は27、28の両日、道南バス(室蘭市)が苫小牧市内で走らせる路線バス1台の側面に市の公式キャラクター「とまチョップ」を描いた。バスは12月1日から25日まで期間限定運行す...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク