全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

宇部日報社

全国和菓子甲子園で山口農の生徒が準優勝

出来栄えを確認する古木さん(左)と藤井さん(山口農高で)  

 高校生が菓子作りの技を競い合う第12回「全国和菓子甲子園」の決勝大会は20日、オンラインで開かれ、山口農の藤井百花さん、古木ももさん(いずれも食品工学科3年)が作った錦玉羹(きんぎょくかん)が準優勝に輝いた。2人は「お互いに緊張をほぐし合いながら手を動かした。これまでで一番の出来栄えだった」と常連校、実力校ひしめく中での成果を喜んだ。

 大会は全国菓子工業組合連合会青年部が2010年から主催している。古来から伝わり、海外でも人気の和菓子を若い世代に広めるのが目的。今年のテーマは「まめ」。21都道府県の40校から111点が寄せられ、県、ブロック予選を経て上位12校(点)が頂点を競った。

 愛知県名古屋市内の審査会場と各校をオンラインでつなぎ、作業はリアルタイムで配信された。代表生徒は一斉に制作に取り掛かり、1時間45分の持ち時間内に仕上げた。審査は、その手際やレシピ、プレゼン、事前提出された完成品の試食を含めて行われた。

 錦玉羹は煮て溶かした寒天に砂糖などを加えて固めた、見た目にも涼やかな夏を代表する和菓子。2人はテーマに沿って県産黒豆「のんたぐろ」を使い、かんきつ「ゆずきち」、琥珀(こはく)糖などをちりばめて、河原にホタルが舞う様子を再現し「恋蛍」と名付けた。寒天で固める中にどのようにして立体感を出せるかと試作を重ねたという。審査員からは「味のバランスが絶妙」との高評価を得た。

 県代表の決勝大会進出は初めてで、優勝校とも小差だった。2人は「初出場だけど自分たちなりにベストを尽くした。全国の高校生と競えたのは誇らしい」と喜ぶ。藤井さんは農業や特産品の魅力発信を学ぶため大学へ、古木さんは大阪の製菓専門学校へ進む。指導した土田葉子先生は「満足の笑顔が一番」とたたえた。

関連記事

紀伊民報社

防災用品の購入急増 地震発生であらためて危機感

 3日に和歌山県の田辺市などで震度4の揺れを観測する地震が発生したのを受け、紀南地方で防災用品への関心が高まっている。田辺市内のホームセンターでも在宅避難用グッズの購入が増えている。  田辺市...

荘内日報社

ハタハタ高値 台所を直撃 「大黒様のお歳夜」他の魚に代替えも 複雑な表情

 9日は「大黒様のお歳(とし)夜(や)」。庄内ではハタハタの田楽を食べる風習があるが、今年はハタハタ漁に異変が起きている。1月から10月までの水揚げは昨年と比べて半減。近年指摘されている高い海水温が原...

62年前の苫東高新聞を発見、現役局員は質の高さに驚き

苫小牧市王子町の私設文学館「斉藤征義の宮沢賢治と詩の世界館」で、1959(昭和34)年12月5日付の苫小牧東高新聞第40号が見つかった。2019年に78歳で亡くなった詩人の故斉藤征義さんは、同高O...

地域交通に暮らしの視点 国交省、コロナ後へ研究会 十勝バスもモデル

 国土交通省はアフターコロナ時代の地域交通の方向性を考える新たな研究会を立ち上げた。新型コロナウイルスの影響で旅客の輸送需要が減少する中、地域の足としてのセーフティーネットに加え、地域住民の暮らし...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク