全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

北羽新報社

「あかちゃんってパンみたい」 能代市の田中さん絵本初出版

子育ての経験を基にした絵本「あかちゃんってパンみたい」を出版した田中さん

 能代市二ツ井町の田中真理子さん(37)が、子育て中に感じた思いを基に制作した絵本「あかちゃんってパンみたい」を出版した。育児をテーマにしたイラストがSNS(インターネット交流サイト)で話題を集めたことを機に友人の勧めで出版を検討、オリジナル絵本通販サイトを利用して絵本作家デビューを果たした。田中さんは「子育てをテーマにした作品を形に残すことができて、とてもうれしい。子育て中のお母さんに共感してもらえたり、親子で読み聞かせを楽しんでもらえたら」と話している。

 田中さんは、能代山本子育てサポートグループ・ちゅちゅの代表を務めるほか、「おひさまラボ」としてベビーマッサージやパステルアートにも取り組んでいる。
 子どもの頃から絵を描くのが好きで、結婚・出産後も育児の合間に趣味でイラストを描いてきた。4月には、授乳や育児の喜び、楽しさ、戸惑いなどをパステルアートのほのぼのとしたタッチで描いたイラストがSNSで話題を集めた。その際、友人たちから絵本化を期待する声も多く、出版に向けて後押しされたという。
 その後、インターネットで絵本を出版できるサイトを見つけて原画を郵送。出版の基準をクリアし、先月24日の自身の誕生日に合わせて待望の絵本を出版した。
 第1弾となった作品「あかちゃんってパンみたい」は、昨年産まれた三女(1)をモデルに、生後半年前後の肌がパンのように柔らかく感じた経験を絵と短い文で表現。色鉛筆とパステルのほのぼのとしたタッチで描き、「パンみたいにむちむちのうで」「パンみたいにいいにおいのほっぺ」「まるまるまる ころころころ」などという文に、赤ちゃんへのいとおしさを込めた。
 中学時代から絵本作家になることが夢だったという田中さんは、出版後、通販サイト・Amazonの検索ページで作品が表示された時は感動。家族や友人たちからも祝福を受け、「早速購入してくれたという人もいて本当にうれしかった」と笑顔を見せる。
 1歳から小学4年生までの3人の子どもを育てる母親として、「子どもの成長はあっという間。小さい頃の一瞬を忘れないように、子どもの写真を残す親が多いと思うが、私は子育てで感じた思いを絵本という形で残していけたら」と語る。
 これまでに描きためたイラストや現在制作中の作品もあり、「シンプルだけど面白い絵本に憧れる。お母さんたちから共感してもらえたり、親子で楽しめる絵本を作っていきたい」と話している。
 全16㌻、定価1200円(税抜き)。Amazon、またはオリジナル絵本通販サイトYOMOから購入できる。

関連記事

荘内日報社

人を生かす農業絶やすな/多くの農家と交流感謝 やまがた農業女子ネットワーク..

 県内の女性農業者でつくるやまがた農業女子ネットワーク「あぐっと」による講演会が1日、鶴岡市の山形大学農学部で開かれ、学生44人が講演やワークショップを通じ、就農の課題や現状について考察した。 ...

ヤマメのいずし、樽前養鱒場で製造ピーク「にぎやかな年末彩って」

師走に入り、苫小牧市糸井の樽前養鱒場(石川正剛代表)で、白老町虎杖浜産のヤマメを使ったいずし作りがピークを迎えている。  同養鱒場はニジマスのいずしや薫製「たこでなし」が看板商品だが、尾頭付き...

「40年前のステッカー」好評 配送商品の購入者特典 帯広・平和園

 焼肉の平和園(帯広市、新田隆教社長)は、自社オンラインショップなどでのギフト商品拡充を記念し、購入者対象に期間限定で40年前から保管してきた平和園オリジナルステッカーを贈呈するサービスを行ってお...

宇部日報社

カタログギフト「ぶちうま!山口」がリニューアル

 県産原料100%をコンセプトとしたカタログギフト「ぶちうま!山口」が5年ぶりにリニューアルし、1日から販売を開始した。掲載商品は全197品。AR(拡張現実)で掲載商品を使った料理を見られる機能...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク