全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社の記事一覧

荘内日報社

「何もすることない」 巣ごもりゲーム依存浮き彫り

 児童・生徒が学校に行けない状況の中、家庭内に引きこもってのゲーム依存が問題視されている。コロナ以前から言われてきたことだが、政府の緊急事態宣言に加え、ゼロが続いていた山形にも先月末感染者が出て、...

荘内日報社

企業も住民も力合わせ乗り越えよう! マスク不足に支援の輪

高齢者を“守り隊”婦人会など手作りし配布 鶴岡市湯野浜  鶴岡市の湯野浜地区社会福祉協議会(小野隆会長)と湯野浜婦人会(後藤るみ会長)は17日から、合同で湯野浜地区の高齢者宅を戸別訪問し、見守りも兼ね...

荘内日報社

館内からライトアップ 荘銀タクト鶴岡 ガラス越しに映える 花びらとこいのぼり

 鶴岡市の荘銀タクト鶴岡(市文化会館)で、近くにある鶴岡公園の桜の見頃に合わせ、桜の花びらをモチーフにした館内照明を行っている。併せてこいのぼりの展示とライトアップも実施。いずれもガラス越しに外か...

荘内日報社

広がる支援の輪 鶴岡

 新型コロナウイルス感染症の影響で深刻な打撃を受けている地元の飲食店を支援しようと、飲食店が手掛ける弁当を昼食時に購入する動きが庄内地域で広がってきている。職場単位で注文したり、従業員の弁当購入費...

荘内日報社

「旧鐙屋」大規模修復へ

 酒田市は今年10月から、同市中町一丁目の国指定史跡「旧鐙屋(あぶみや)」の大規模な修復に乗り出す。江戸から明治期にかけて大廻船問屋などとして活躍した酒田三十六人衆の一人・鐙屋惣左衛門の屋敷で、港町...

荘内日報社

1カ月半ぶりに登校 鶴岡市内の小学校

 鶴岡市は市内での新型コロナウイルス感染確認を受け、市内全小中学校の新年度始業時期を5月7日以降に延期。休校期間中に児童の健康状態の確認や課題の配布のため、1週間に1日2時間の臨時登校日を設けることを認...

荘内日報社

酒田港国際定期コンテナ航路 週2便から4便に拡充

 酒田市の酒田港国際定期コンテナ航路は11日から中国・韓国航路の2便が増え、これまでの週2便体制から4便体制に拡充された。4便のうち、中国・韓国航路は同1便体制から3便体制となった。利便性が向上し、取り扱...

荘内日報社

ドキュメンタリー映画「島にて」制作・上映へ 酒田・飛島の暮らしありのままに

 本県唯一の離島である酒田市飛島を舞台にしたドキュメンタリー映画「島にて」が制作された。新庄市出身の映画監督・大宮浩一さんらが2018年春から1年間、島に通って撮影したもので、過疎が進む寂しさを訴える高...

荘内日報社

幸楽苑 ご当地企画トップバッターに 丸山市長「おぼげだー」PR

 ラーメン店「幸楽苑」を全国展開する「幸楽苑ホールディングス」(HD、本社・福島県郡山市)は、ご当地ラーメン企画の第1弾として酒田市の「酒田のラーメン」を取り上げ、9日から全国の約430店で販売を開始し...

荘内日報社

対策講じ遊佐5小学校で入学式

 遊佐町内の5小学校で8日、入学式が行われた。新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から各校ともマスク着用、時間短縮といった対策を講じて実施。スーツやワンピースで着飾った1年生がピカピカのランドセルを背...

荘内日報社

酒田「傘福」NZアーダーン首相の執務室に 願いは“新型コロナの早期終息”

 酒田市から平和や友好への願いを込め、ニュージーランド(NZ)政府に贈られた伝統のつるし飾り「傘福」が、ジャシンダ・アーダーン首相の執務室とみられる部屋に飾られているのが分かった。同首相が写真共有...

荘内日報社

新型コロナ 鶴岡市で初の感染者確認

 県は5日、新型コロナウイルス感染症に関する県衛生研究所のPCR検査で、新たに3人の感染が確認されたことを公表した。そのうち1人は鶴岡市在住の20代男性で、庄内地域では初の感染者の確認。鶴岡市は5日夜、...

荘内日報社

山里の春「人形見 来たー」 鶴岡・大網地区の桃の節句風習

 鶴岡市の大網地区では旧暦に合わせて3日、桃の節句を迎えた。おひなさまにちなんだ展示や子ども行事も行われ、山里に春の訪れを告げている。  大網地区地域交流センター「よれっちゃ」では、同地区の各家庭...

荘内日報社

足元に大型ストーリーマップ 藤沢周平記念館10周年企画展

 鶴岡市立藤沢周平記念館の開館10周年特別企画展「『橋ものがたり』の世界」が3日始まった。江戸の橋を舞台にした市井物10編で、昭和51―52(1976―77)年に集中的に市井小説を書き、自らのスタイルを確立できたと...

荘内日報社

山口さんのアマゾンコレクション 6年ぶり公開展示 3日から致道博物館

 鶴岡市在住で文化人類学研究者の山口吉彦さん(78)が、アマゾンの原住民らと交流しながら収集した資料の展覧会が3日から、同市の致道博物館で開かれる。2014年3月に市のアマゾン自然館・民族館が閉館後、アマ...

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク