全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

引退・大河原騎手にエール 来季は調教師に 帯広

およそ四半世紀にわたって苦楽を共にした服部義幸調教師と手を挙げて感謝の気持ちを表す大河原和雄騎手(左)

 ばんえい十勝は26日、大河原和雄騎手(57)=服部義幸厩舎(きゅうしゃ)所属、根室管内別海町出身=の引退セレモニーを帯広競馬場パドック横で行い、ファンに親しまれた名ジョッキーの最後を祝福した。

 大河原騎手は1985年4月に騎手デビュー。初騎乗のカツハル号で初勝利して以来順調に勝ち星を重ね、20日時点での成績は2万7522戦3372勝(うち重賞54勝)で、歴代2位の勝利数を記録した。

 引退セレモニーでは、佐藤徹也市ばんえい振興室長から花束を受け取り、ファンの前で「来シーズンから調教師として、みんなの力、応援の力を借りて頑張ります」とあいさつ。服部調教師、妻や3人の子どもらから花束をもらい、笑顔がはじけた。騎手仲間が3度胴上げし、ファンらから親しまれたスター騎手の新たな門出を祝った。

 33年間の騎手生活を終える大河原騎手に、妻の真奈美さん(57)は「お疲れさま。ご飯より馬が好きで、これからは念願の調教師として思う存分やってほしい」と話した。

 大河原騎手は、最後の騎乗となる27日第9レースで33年の騎手生活を終える。12月1日に調教師免許が交付され、来年度から調教師としての人生が始まる。

関連記事

長野日報社

出征兵の日章旗 駒ケ根に74年ぶり帰郷

 長野県駒ケ根市出身で、太平洋戦争中に中国で戦死した櫛田正一さん=享年36歳=が身に着けていた日章旗が、74年ぶりに同市下平に住む長女の正子さん(80)に返還された。22日に市役所でセレモニー...

鈴鹿8耐レース出場を報告

豊橋市長を表敬訪問  オートバイレースの真夏の祭典「鈴鹿8耐久ロードレース」(28日)に、豊橋市の4輪・2輪車の部品メーカー武蔵精密工業がスポンサーを務めるレーシングチーム「ムサシRTハルク...

荘内日報社

鶴岡・5商店街連携 ツナガル夏まつり

 鶴岡市の中心市街地の5つの商店街が連携した「商店街連携ツナガル夏まつり」が20日夜、連続する山王、銀座、南銀座の3つの通りの約1・2㌔区間を歩行者天国にして行われた。さまざまな飲食の販売や多彩なイベン...

紀伊民報社

メッセージ花火とキャンドル 白良浜の夜彩る

 和歌山県白浜町の白良浜で20日夜、夏恒例のイベント「キャンドルイルミネーション」と「メッセージ花火」があった。ろうそくを立てた紙袋が砂浜に並ぶ中、大切な人への思いが込められたメッセージとともに...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク