全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

ずっしり、つやつや鏡餅 帯広の大福亭

早朝から行われる鏡餅作り(帯広市内の大福亭弥生通り店)

 帯広市内の大福亭弥生通り店(西3南29、國重敏教店主)では、湯気が立つつきたての餅を職人が手際よく鏡餅に仕上げている。

 新年向けの餅作りは27日に始まり、30日は午前3時から作業開始。餅つき器で国産もち米をつき、國重店主(58)は「熱いうちに仕上げないとつやが出ない」と、熱々の餅に手を赤くしながらも手際よくきれいな円形に丸めていた。

 30日が最も忙しく、約250キロをついた他、切り餅も仕上げる。鏡餅の大きさは1合(直径6センチ、324円)から7升(同36センチ、2万2680円)まで。國重店主は「手作りの鏡餅は重みがしっかり感じられるところがいい。供え物として飾った後はおいしく食べて」と話す。

 食卓用の切り餅は、通年販売の白と豆の2種類に、年末年始用にエビやくるみなど7種類(10枚入り。白755円、他は865円)を追加する。同店の31日の営業は、午前10時から午後3時まで。

関連記事

荘内日報社

「芸術の秋」を堪能 サカタアートマルシェ イベント多彩に

 音楽や美術、伝統芸能などさまざまなジャンルの芸術文化に触れ合う「サカタアートマルシェ2020祈りと希望」の一環で21、22の両日、会場となっている酒田市飯森山三丁目の市美術館、出羽遊心館で多くの芸術文化...

秋の味覚 車中から 大正メークインまつり代替販売 帯広

 大正メークインのドライブスルー即売会「帯広大正メークイン収穫感謝市」(JA帯広大正主催)が22日、同JA農産センター(帯広市大正本町東1)で開かれた。多くの地元客らが、十勝を代表する秋の特産...

幸運呼ぶダブルレインボー♪ ティンダバナから大きく弧描く

 【与那国】与那国祖納で21日早朝、ティンダバナからくっきりと弧を描く虹が確認された。ティンダバナの部分は、幸運を呼び込むとされるダブルレインボーだった。  祖納地区の南西部にびょうぶのようにそ...

長野日報社

「視覚障がい者マーク」優しく見守って

プレス金型加工のキャムソン(諏訪市中洲)を経営する酒井克己さん(79)が、視覚障がい者であることを周囲に知らせるマークを開発し、バッジも製作した。自身も視覚障がい者である酒井さん。「マークが多...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク