全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

ずっしり、つやつや鏡餅 帯広の大福亭

早朝から行われる鏡餅作り(帯広市内の大福亭弥生通り店)

 帯広市内の大福亭弥生通り店(西3南29、國重敏教店主)では、湯気が立つつきたての餅を職人が手際よく鏡餅に仕上げている。

 新年向けの餅作りは27日に始まり、30日は午前3時から作業開始。餅つき器で国産もち米をつき、國重店主(58)は「熱いうちに仕上げないとつやが出ない」と、熱々の餅に手を赤くしながらも手際よくきれいな円形に丸めていた。

 30日が最も忙しく、約250キロをついた他、切り餅も仕上げる。鏡餅の大きさは1合(直径6センチ、324円)から7升(同36センチ、2万2680円)まで。國重店主は「手作りの鏡餅は重みがしっかり感じられるところがいい。供え物として飾った後はおいしく食べて」と話す。

 食卓用の切り餅は、通年販売の白と豆の2種類に、年末年始用にエビやくるみなど7種類(10枚入り。白755円、他は865円)を追加する。同店の31日の営業は、午前10時から午後3時まで。

関連記事

荘内日報社

酒田港に最上級大型クルーズ船

 県と酒田市は23日、シルバーシー・クルーズ(本部・モナコ)が運航するモナコ船籍の大型クルーズ船「シルバー・ミューズ」(4万791総トン、乗客定員596人、クルー411人)が2021年4月、酒田市の酒田港に初寄港す...

紀伊民報社

巨大な落石防護柵 地滑りの兆候で対策

 地滑りの兆候が確認されている和歌山県田辺市上秋津の奇絶峡に、高さ5・5メートル、延長約150メートルの落石防護柵が設置された。柵の上60メートルの所にある直径約3メートルの巨石が転落しても止め...

漂着ごみ186キロ収集 龍北中生らリサーチきょら活動 龍郷町

 鹿児島県奄美大島龍郷町の龍北中学校(山縣祥美校長、生徒7人)と奄美海上保安部は23日、同町の嘉渡海岸で漂着ごみを調査する「リサーチきょら活動」を実施した。生徒たちは教諭9人、海保職員4人と共に...

「ハピまん」2万個販売 チーズ伸びて大ヒット 音更

 JA木野(清都善章組合長)の子会社が運営するスーパー「ハピオ」(音更町木野大通西7、石田晴久店長)が4月から販売している、チーズまんじゅう「ハピまんチーズ」の売れ行きが好調だ。これまでに2万個を...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク