全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

進路の悩みに助言 「人生の糧のちゃんぷる~!」

地元の中高生らに自身の経験を基に助言を送る現役大学生ら=29日午後、八重山教育事務所研修室

 石垣島出身で、国内外で活動する大学生と郡内中高生の交流イベント「Provisions Chanpuruu 人生の糧のちゃんぷる~!」(同実行委員会主催)が29日午後、八重山教育事務所研修室で初めて開かれた。  その一環で、石垣島出身の現役大学生と郡内中高生の交流イベント(同実行委員会主催)では、美容系や福祉教育系、調理系などをテーマに8グループに分かれ、交流・相談会も行われた。登壇者を含む大学生約10人が参加者の進路選択の悩みなどにそれぞれ助言を送った。  参加者らは、先輩を前に「具体的な将来の目標は決まっていないが英語に関わる仕事がしたい」「離島出身をマイナスに思う」、「県外に進学したいけどどこを選ぶか悩む」と心境を吐露。  大学生は自身の中高生時代を振り返り、「いまの時点で人生を決めろと言われても分からないはず。でも見つからないと言うだけでは変わらない」「興味のあるボランティアやイベントに参加してみたら、自分の考えてもいない道に進む可能性もある」、「好きなことを掛け合わせて考えると、英語と食べることで外資系の飲食店でバイトするなど選択肢が生まれる」などとアドバイス。  沖縄国際大学3年の新嵩用兵衛さん(22)は「島の外に出れば(離島出身は)覚えてもらいやすかったりとポジティブに受け止められる」などと話した。  来年4月から米国に進学する八重高3年の仲田はる菜さん(18)は「身近で海外にいる方々から話を聞けて、とても参考になった。留学に不安もあるが、先輩方の『楽しかった』という声を聞いて自分も楽しみたいと思った」と笑顔を見せた。

関連記事

「クシティの日」で関連行事 講演会や川柳表彰式

 【与那国】12月の第二日曜日は「クシティの日」。町は9日、町農業構造改善センターで「第2回クシティの日」の関連行事が行い、クシティ栽培の現状やクシティの可能性についての講演会を開いたほか、町民か...

長野日報社

「ヘルプマーク」徐々に浸透 継続的な周知大事

 日常生活で援助や配慮を必要とする人が周囲に知らせるために身に付ける「ヘルプマーク」が諏訪地域で徐々に浸透しつつある。県が7月から全県で取り組み、諏訪6市町村の福祉担当窓口と県諏訪保健福祉事務所...

荘内日報社

西郷隆盛との交流で伝わる「酒井家の鶏飯」 DCの目玉料理に

 鶴岡市の庄交コーポレーション・東京第一ホテル鶴岡は13日、明治維新後の西郷隆盛と旧庄内藩主・酒井忠篤公の交流を通じて酒井家に代々伝わる、鹿児島名物料理「鶏飯(けいはん)」を取り入れた食事メニュー「...

紀伊民報社

駅前に二偉人「そろい踏み」 弁慶像近くに盛平記念碑

 JR紀伊田辺駅前の弁慶広場(和歌山県田辺市湊)に、合気道の開祖・植芝盛平の記念石碑が移設された。仁王立ちしてにらみを利かす弁慶像と石碑。田辺三偉人のうち、「2人」が広場の両端にそろい踏みして、...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク