全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

薬剤師・小野さん 糖尿病啓発のピンバッジ作製

苫小牧市新富町の薬剤師小野寿子さん(59)が、糖尿病の啓発を目的としたピンバッジを作製した。収益金の全額を市に寄付する。糖尿病療養指導士として活動してきた小野さんは「糖尿病への理解を深めるきっかけになれば」と話す。

ピンバッジをPRする小野さん

 2001年から日本糖尿病療養指導士として、関連学会に所属している小野さん。「まだまだ偏見や誤解のある病気で正しい知識、理解が必要」と考えており、治療に使われるインスリンが1921年に発見され、100年を迎える今年、そんな思いを形にすることを決意した。

 ピンバッジは、国連で「糖尿病の全世界的脅威を認知する決議」が採択された際のシンボルマーク・ブルーサークルと市の公式キャラクターとまチョップを組み合わせたデザイン。4月末から1個660円(税込み)で、宮永商店(弥生町)で販売している。

 収益金は全額を市に寄付し、健康増進事業に役立ててもらいたい考え。今後は、11月14日の「世界糖尿病デー」に市内のビルなどをシンボルカラーのブルーにライトアップすべく、関係機関・団体や企業などに協力を呼び掛けていく。小野さんは「別の啓発グッズ作製も検討中。新型コロナウイルスの流行が続いており、当初計画していた勉強会の開催は難しそうだが、病気への理解の一助になるようできることを探したい」と語る。

 糖尿病は本来、膵臓(すいぞう)から分泌されるインスリンが十分に働かないため、血液中を流れるブドウ糖が増えてしまう病気。脳梗塞や腎症などの合併症を発症するリスクもある。

関連記事

紀伊民報社

50年間で1度上昇 紀伊水道の海水温 和歌山県水産試験場解析

 和歌山県水産試験場(和歌山県串本町)は、紀伊水道(瀬戸内海東部海域)の観測データを解析して、海水温が50年間で1度の上昇傾向にあることを明らかにした。また、透明度も上昇傾向にあることが分かった...

駅舎一面の切符見納め 帯広・幸福駅 27日に撤去 建て替え10周年

 帯広市の観光名所「旧国鉄広尾線幸福駅」(幸福町東1線)の駅舎が2013年の建て替えから10周年の節目を迎え、駅舎に貼られた切符が27日早朝に剥がされることになった。駅舎内の壁いっぱいに切符が...

荘内日報社

天神祭始まる 「化けもの」5年ぶりに酒振る舞う

 学問の神様・菅原道真公を祭る鶴岡天満宮の祭礼・天神祭が24日、同天満宮での大絵馬奉納で始まった。コロナ禍で中止していた化けものによる祭り客への地酒やジュースの振る舞いが5年ぶりに復活。いつもながらの...

宇部日報社

トビタテ!宇部高専生 3年生5人が文科省の留学支援制度に採択【宇部】

 宇部高専(金寺登校長)の3年生5人が、文部科学省の留学生支援制度「トビタテ!留学JAPAN」新・日本代表プログラム高校生コースの第9期に選ばれた。今年度の応募総数1566人のうち採択者数は...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク