全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

帯広柏小100周年の6年生へ 地元奏者サプライズ演奏

 今年度、開校100周年を迎えた帯広柏小学校(鈴木義秋校長)で9日、3月に卒業する6年生に向けた記念コンサートが開かれた。コロナ禍で全ての記念行事が翌年度に延期される中、児童は地元のバイオリニスト和光憂人さん(30)とピアニスト長尾崇人さん(29)が奏でる旋律に時間を忘れて聴き入った。

バイオリニストの和光さん(中央)とピアニスト長尾さん(右)の演奏に聴き入る柏小の6年生

 市内の小学校で4番目の歴史を誇る同校の6年生71人は、記念式典をはじめとする記念行事の主役となる予定だった。コンサートは100周年の記念事業協賛会(荒木樹会長)が「せめて最後に卒業の思い出をつくってあげたい」と企画した。

 クラス担任を通じて児童の好きな曲を仕込んだ和光さんと長尾さんは、体育館の6年生を前に人気アニメ「鬼滅(きめつ)の刃(やいば)」のテーマ曲や情熱大陸など9曲を演奏。NHK連続テレビ小説「エール」の主題歌「星影のエール」では、正面の大型スクリーンに6年間の思い出が詰まった写真が次々と映し出され、涙ぐむ児童もいた。1~5年生は各教室で鑑賞した。

 直前までコンサートを知らされていなかった6年生は、全身を使った和光さんの演奏など1曲ごとに拍手を送った。女子児童(12)は「全ての曲が心に残った。最後の映像には泣かずにはいられなかった」。協賛会の荒木会長(49)は「卒業後も柏小の思い出を忘れず、コロナ禍を乗り越えてほしい」と語った。

関連記事

静けさの中、片付け 帯広・藤丸閉店から一夜

 122年間の営業を終えた帯広の百貨店・藤丸では1日、静まりかえった館内で片付けが始まった。  食器など生活雑貨を販売していた5階フロアでは、食器やタオルなど商品を袋や段ボールに詰める作業が...

宇部日報社

未入力

 県と山陽小野田市主催のシニア向けeスポーツ体験会が31日、厚狭地区複合施設で開かれた。60~80歳代の16人が参加し、健康づくりに役立てようと、パズルゲームとリズムゲームに挑戦。頭を使ったり...

長野日報社

長野県人口22年ぶり社会増 総人口21年連続減少

 長野県は1月31日、毎月人口異動調査に基づく2022年の人口増減を公表した。外国人を含む県の総人口は23年1月1日現在201万6467人で、前年同日と比べて1万3074人(064%)減り、21年連続で減...

北羽新報社

八峰町の小池さん、作曲家プッチーニ直筆手紙を寄贈 アトリオンで公開

 秋田市中通のアトリオンで、オペラ「蝶々(ちょうちょう)夫人」や「ラ・ボエーム」などで知られるイタリアの作曲家プッチーニ(1858~1924年)の直筆手紙が展示されている。八峰町八森の小池加...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク