全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

帯広四中校歌 実は二部合唱 全校生徒で披露

二部合唱で校歌を披露した全校生徒

 帯広第四中学校(辻敦郎校長、生徒321人)の校歌が男女の二部合唱だったことが、このほど判明した。15日には授業参観に合わせて全校合唱で歌い、少なくとも10年以上ぶりに開校当時の校歌を披露。同校卒業生の父母からは「懐かしい」という声もあった。

 同校校歌「おおぞらはるか」(飯田廣太郎作詞、工藤富次郎作曲)は、1951年の開校から歌い継がれてきたとされる。これまでは全員が同じメロディーを歌っており、二部合唱の存在を知る教職員はいなかった。

 きっかけは今年の文化祭で辻校長が来校者から二部合唱の存在を聞き、調べていくと音楽準備室に楽譜があることが判明。男女それぞれのパートがあり、朝学習や音楽の授業の中で練習を進めてきた。

 その後、67歳の卒業生らの話から、当時は二部合唱で歌っていたことも分かった。いつから二部合唱でなくなったのかは確認できず、情報を集めたいという狙いもあり授業参観に合わせて披露した。

 3年の男子生徒は「男女のハモりもあり、今までとまた違う良い合唱になった」と喜びを話した。辻校長は「校歌をきっかけに同窓生が結びついていけば」と話している。

 来年3月13日午後1時半からは、同校体育館で行う3年生の「同窓会入会式」に合わせて披露する。さまざまな世代の卒業生の参加も可能。問い合わせは同校(0155・24・3511)へ。

関連記事

長野日報社

山間地の救助活動 諏訪広域消防本部が訓練

諏訪広域消防本部特別救助隊は17~19日、山間地での救助活動訓練を岡谷市郊外の鳥居平やまびこ公園で行っている。昨年、県内で発生した山岳遭難は297件で全国最多だったことから、山岳地帯での事故に...

豊川もりあげ隊が明石で田植え

 豊川市のNPO法人「豊川いなり寿司で豊川市をもりあげ隊」はこのほど、11月23、24両日にご当地グルメによるまちおこしの祭典「B-1グランプリin明石」が開催される兵庫県明石市で田植えを行った。米は...

紀伊民報社

300人がタイム競う 田辺で遠泳大会

 和歌山県田辺市の扇ケ浜海水浴場で16日、遠泳大会「第6回南紀田辺・扇ケ浜オープンウオータースイミング」(実行委員会主催、紀伊民報など後援)があった。約300人が参加した。  しかし、高波の影響...

荘内日報社

DC本番 オール山形でおもてなし

 新潟県・庄内エリアデスティネーションキャンペーン(DC)推進協議会県推進部会(部会長・皆川治鶴岡市長)の本年度総会が17日、鶴岡市のグランドエル・サンで開かれた。昨年度に展開したJR東日本大型観光...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク