全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

コロナ差別反対の「シトラスリボンプロジェクト」

豊橋のグラトンが取り組む

 新型コロナウイルス患者や医療従事者への差別をなくす運動「シトラスリボンプロジェクト」が全国的に広がりつつある。東三河でも取り組む企業がある。その一つ、豊橋市でコンビニ6店を経営する「グラトン」(仁連木町、石井伸治社長)は「コロナの差別をなくしたい」と意気込む。  プロジェクトは、だれもが新型コロナに感染する可能性がある中、感染者や医療従事者が、それぞれの暮らしの場所で「ただいま」「おかえり」と受け入れられる雰囲気をつくり、思いやりのある社会を目指す運動。愛媛県の有志グループ「ちょびっと19+」が提唱した。

 具体的な活動として、かんきつをイメージした色「シトラスカラー」のリボンを身に着けたり、職場の出入り口などに掲示したりする。リボンには三つの輪を作る。「地域」「家庭」「職場(学校)」を表現する。  グラトンは、コンビニ店のスタッフがシトラスリボンを身に着けて店頭に立つ。リボンは石井社長の妻で専務の石井まなみさんが作っている。水引きを利用したもので、胸に着ける予定。  まなみさんは「コロナに感染した人が追い込まれて自殺したり、家族が感染したことにより子どもが学校でいじめにあったりするケースがあると聞きます」とし「どんなに注意しても感染する可能性はある。コロナになった人を差別せず、感染したら『お大事に』、完治したら『良かったね』と皆さんが温かく感染者と接することができるようになってほしい」と願いを込める。

関連記事

宇部日報社

宇部西高生が中学校の卒業生のためにコサージュ作り

 宇部西高(柴田利道校長)で8日、市内の8中学校と宇部総合支援学校の卒業生に贈る生花コサージュ作りが行われた。農業クラブなどに所属する生徒有志8人が心を込めて作業した。    コロナ禍で不安を抱...

十勝舞台、漫画「銀の匙」 初の大型展 東京・松屋銀座

 十勝を舞台にした人気漫画「銀の匙(さじ)Silver Spoon」の連載開始10周年を記念した初の大型展覧会が8日、都内の松屋銀座8階で始まった。作者の荒川弘さん(幕別町出身)がこの展覧会のため...

躍動感あふれる演舞で魅了 沖永良部島 舞勇BEATがエイサー発表会

 鹿児島県沖永良部島のエイサー団体「舞勇BEAT」は7日、和泊町研修センターで発表会を開いた。小学生から一般まで25人が出演し、躍動感あふれる演舞で観客を魅了した。  舞勇BEATは、沖永良部...

知事 離島訪問前にPCR検査を 感染予防に協力呼び掛け

 【那覇】新型コロナウイルスの拡大に伴う県独自の緊急事態宣言が終了して1週間余が経過した8日、玉城デニー知事は県庁で会見し、離島への帰省や訪問などを検討している人への事前のPCR検査受検や、健康観...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク