全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

酒田―鶴岡周遊バス運行 来月11日までの週末

 観光庁の「誘客多角化等のための滞在コンテンツ造成実証事業」の採択を受け、日本遺産を活用した観光振興を図っている酒田市日本遺産推進協議会(会長・丸山至市長)は23日、「庄内応援バスツアー」を開始した。酒田から鶴岡に、鶴岡から酒田にそれぞれ周遊バスを運行し観光施設を巡るもの。来月11日(木)まで週末を中心に運行する。

 同協議会が採択を受けたのは「北前船スピリッツでコロナ禍の荒波を越えて―若人・旅人・舞人がつむぐ新酒田観光物語」。バスツアーは、冬季の閑散期に加えてコロナ禍で打撃を受けている観光施設、バス事業者を支援するとともに、広域的な周遊観光の促進を図ろうと企画。松山観光バス(酒田市)による酒田コースは湯野浜温泉バス停、鶴岡駅前観光バス駐車場を出発し山居倉庫や山王くらぶ、相馬樓など、庄内交通(鶴岡市)の鶴岡コースは酒田駅前バス停、酒田市役所前、ホテルリッチ&ガーデン酒田前バス停を出て羽黒山や荘内神社、藤沢周平記念館などをそれぞれ巡る。

 ツアー初日、鶴岡からの酒田コースには4人が参加。このうち山居倉庫では青空が広がる中、ケヤキ並木を歩くなどし隣接市の魅力を再確認していた。協議会事務局の市交流観光課は「観光関連事業者から隣接自治体の観光資源視察などに活用してもらえたら」と話した。

「庄内応援バスツアー」がスタート。山居倉庫に降り立つ参加者=23日午前

 これからのバス運行は今月24(日)、30(土)、31(日)、2月6(土)、7(日)、11日。出発はいずれも午前9時半。各コースとも定員10人で、料金は1000円(小学生以下は無料)。当日乗車も可。問い合わせは事業委託先の松山観光バスツアー=電0234(62)2140=へ。

関連記事

知事 離島訪問前にPCR検査を 感染予防に協力呼び掛け

 【那覇】新型コロナウイルスの拡大に伴う県独自の緊急事態宣言が終了して1週間余が経過した8日、玉城デニー知事は県庁で会見し、離島への帰省や訪問などを検討している人への事前のPCR検査受検や、健康観...

長野日報社

長野県諏訪市「御宿割」好調 観光地に再び笑顔

長野県諏訪市内の宿泊施設で県民の宿泊予約が急増し、接客担当者に笑顔が戻っている。観光関係者によると、県民の宿泊料金を最大5000円割り引く県の「県民宿泊割」と、1泊2000円割り引く諏訪市の「...

紀伊民報社

林野火災に備え合同訓練

 春の全国火災予防運動に合わせて、上富田町消防団と田辺市消防本部上富田分署は7日、和歌山県上富田町朝来で林野火災の合同訓練をした。池から水を引き、ポンプをつないで山林に放水した。  町消防団の第...

荘内日報社

“山居島”歴史散歩楽しむ 酒田

ジオガイドとまち歩きツアー  鳥海山・飛島ジオパークの再認定を記念した「さかた界隈(かいわい)まち歩きツアー」が7日、酒田市の希望ホールを発着点とする市中心部で行われ、青空が広がる好天の中、ジオパ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク