全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

酒田―鶴岡周遊バス運行 来月11日までの週末

 観光庁の「誘客多角化等のための滞在コンテンツ造成実証事業」の採択を受け、日本遺産を活用した観光振興を図っている酒田市日本遺産推進協議会(会長・丸山至市長)は23日、「庄内応援バスツアー」を開始した。酒田から鶴岡に、鶴岡から酒田にそれぞれ周遊バスを運行し観光施設を巡るもの。来月11日(木)まで週末を中心に運行する。

 同協議会が採択を受けたのは「北前船スピリッツでコロナ禍の荒波を越えて―若人・旅人・舞人がつむぐ新酒田観光物語」。バスツアーは、冬季の閑散期に加えてコロナ禍で打撃を受けている観光施設、バス事業者を支援するとともに、広域的な周遊観光の促進を図ろうと企画。松山観光バス(酒田市)による酒田コースは湯野浜温泉バス停、鶴岡駅前観光バス駐車場を出発し山居倉庫や山王くらぶ、相馬樓など、庄内交通(鶴岡市)の鶴岡コースは酒田駅前バス停、酒田市役所前、ホテルリッチ&ガーデン酒田前バス停を出て羽黒山や荘内神社、藤沢周平記念館などをそれぞれ巡る。

 ツアー初日、鶴岡からの酒田コースには4人が参加。このうち山居倉庫では青空が広がる中、ケヤキ並木を歩くなどし隣接市の魅力を再確認していた。協議会事務局の市交流観光課は「観光関連事業者から隣接自治体の観光資源視察などに活用してもらえたら」と話した。

「庄内応援バスツアー」がスタート。山居倉庫に降り立つ参加者=23日午前

 これからのバス運行は今月24(日)、30(土)、31(日)、2月6(土)、7(日)、11日。出発はいずれも午前9時半。各コースとも定員10人で、料金は1000円(小学生以下は無料)。当日乗車も可。問い合わせは事業委託先の松山観光バスツアー=電0234(62)2140=へ。

関連記事

紀伊民報社

地蔵の顔欠け「かわいそう」 「百間ぐら」で風化か

 世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」に登録されている熊野古道「小雲取越」の途中にある和歌山県田辺市本宮町の名所「百間ぐら」で、道沿いにある地蔵の顔が欠けた状態になっている。風化によるとみられるが...

小中学校 「ふっこう応援給食の日」 能登牛カレーに舌鼓  白老

白老町の小中学校で11日、石川県のブランド牛「能登牛」を使ったビーフカレーが給食に提供された。白老牛銘柄推進協議会(岩崎考真会長)が能登半島地震の被災地支援のため購入した牛肉。町教育委員会(しらお...

忠類から詐欺撲滅! ボランティア団体「どんとこいの会」結成

 幕別町忠類で、地元建設会社とシニアクラブが詐欺撲滅を目指すボランティア団体「詐欺撲滅団 忠類どんとこいの会」を結成した。帯広署管内でSNS詐欺防止のボランティア団体がつくられるのは初めて。同署忠...

荘内日報社

“郵便のお仕事”興味津々 松原保育園児が鶴岡郵便局訪問

 鶴岡市宝町の市立松原保育園(齋藤功園長、園児115人)の園児たちが11日、同市山王町の鶴岡郵便局(藤井泰局長)を訪問し、仕分けや押印など郵便業務を見学した。  園児たちが大好きな郵便配達をテーマにし...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク