全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

長野県原村の「案内人」魅力的な暮らし 移住促進へ村が動画作成

「原村田舎暮らし案内人」の動画作成を担当した岡崎さん(中)と清水夫妻

 原村は、移住促進に向けた情報発信の一環で、村への移住希望者の相談などに乗り、移住を後押ししている住民ボランティアグループ「原村田舎暮らし案内人」を紹介する動画を作成した。担当者で、村地域おこし協力隊の岡崎苗美さん(45)は移住希望の子育て世代とともに地元の人にも動画を見てほしいとし、「移住先として魅力的な原村を再認識する機会にもなれば」と話している。動画は村の移住推進ポータルサイトなどから閲覧できる。

 案内人は、先輩移住者や村で生まれ育った人ら約20人で構成。村主催の移住希望者向け「現地見学会」などで移住希望者の相談に当たり、不安や疑問などに答え、アドバイスも行っている。

 昨年は新型コロナウイルス感染症拡大を受けて、年4~5回行っている現地見学会が全て中止となり、案内人の活動も制限された。現地見学会に変わるイベントを何かできないか-と検討し、案内人を動画で紹介することで原村での生活の魅力を移住希望者に発信していく狙いだ。

 今回は案内人6組にスポットを当て、暮らしぶりや移住のきっかけ、得意分野などを映像5~10分に編集し、”その人らしさ”を出した。撮影は昨年6月末から9月末にかけて実施した。映像分野が得意で、案内人でもある清水寛さん(72)が岡崎さんとともに撮影や編集に当たった。

 岡崎さんは「撮影を通して皆さんの実生活をのぞかせてもらい楽しかった。『原村が好き』という共通点を改めて感じた」と手応え。横須賀市から移住して10年ほどの清水さんと妻の美雪さん(66)は「動画をいろんな機会に発信していくことで村に移住や滞在、観光をする人が増えたらいいですね」と期待した。

関連記事

荘内日報社

庄内の冬を楽しむ「寒鱈まつり」テークアウト対策講じて 鶴岡

 冬の庄内の味覚を代表する寒ダラを味わう「日本海寒鱈(かんだら)まつり」が17日、鶴岡市の鶴岡銀座通りで開かれた。全てテークアウト方式にするなど新型コロナウイルス感染の防止策が講じられ、大きな鍋を持...

紀伊民報社

望楼の芝で野焼き 「本州最南端の火祭り」は中止

 和歌山県串本町潮岬の望楼の芝(約10ヘクタール)で13日、害虫を駆除し、新芽の生育を促すことを目的にした野焼き作業があった。毎年この時季に開催している観光を目的とした「本州最南端の火祭り」(南...

苫小牧出身・伊藤優希 プロ野球独立リーグ徳島に入団、今秋のNPBドラフト..

 社会人野球の北海道ガスに昨年末まで所属していた苫小牧市出身の外野手伊藤優希(24)がこのほど、プロ野球独立リーグ四国アイランドリーグplusの徳島インディゴソックスに入団した。50メートル5秒7...

生徒寮鵡川高野球部「三氣塾」お披露目、復興のシンボルに

 胆振東部地震で被災し、むかわ町が整備を進めていた鵡川高校野球部の生徒寮「三氣塾」(むかわ町文京)の完成お披露目会が17日に開かれた。来賓や関係者らが施設の再建を祝い、部員たちが思いを新たにしてい...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク