全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

氷点下21度ブドウ収穫 池田のアイスワイン越年始動

凍結したアイスワイン用のブドウを収穫する町職員

 十勝ワインの極甘口に分類される「アイスワイン」の原料となるブドウの収穫が6日早朝、池田町千代田の町営ブドウ畑で行われた。

 アイスワイン用のブドウは秋に収穫せずに残した「山幸」で、今季は市場規模に応じて作付面積を例年の半分の約50アールとした。

 午前5時半、現地の気温計は氷点下21度。夜明け前の厳しい寒さの中、町職員ら約30人がヘッドライトを装着し、自然凍結したブドウを1房ずつ手摘みした。

 40分ほどで収穫作業を終え、凍ったままのブドウはトラックで町ブドウ・ブドウ酒研究所に運んで計318キロを圧搾した。

 凍結により糖度は51度まで高まったが、乾燥が進んだことで果汁量は約100リットルと少なく、製造本数は約500本(1本200ミリリットル)の見込み。同研究所の佐野寛所長は「ブドウの品質はまずまずだが、シカの食害で収量はいつもの年よりもかなり少ない」と話す。

 例年は12月中に収穫を終えるが、今季は気温が下がらずブドウが凍らなかったことから、2季連続で収穫を越年した。

 同研究所によると、この日収穫したブドウで醸造する「アイスワイン」の発売は来年1月の予定。

関連記事

荘内日報社

庄内の冬を楽しむ「寒鱈まつり」テークアウト対策講じて 鶴岡

 冬の庄内の味覚を代表する寒ダラを味わう「日本海寒鱈(かんだら)まつり」が17日、鶴岡市の鶴岡銀座通りで開かれた。全てテークアウト方式にするなど新型コロナウイルス感染の防止策が講じられ、大きな鍋を持...

紀伊民報社

望楼の芝で野焼き 「本州最南端の火祭り」は中止

 和歌山県串本町潮岬の望楼の芝(約10ヘクタール)で13日、害虫を駆除し、新芽の生育を促すことを目的にした野焼き作業があった。毎年この時季に開催している観光を目的とした「本州最南端の火祭り」(南...

苫小牧出身・伊藤優希 プロ野球独立リーグ徳島に入団、今秋のNPBドラフト..

 社会人野球の北海道ガスに昨年末まで所属していた苫小牧市出身の外野手伊藤優希(24)がこのほど、プロ野球独立リーグ四国アイランドリーグplusの徳島インディゴソックスに入団した。50メートル5秒7...

生徒寮鵡川高野球部「三氣塾」お披露目、復興のシンボルに

 胆振東部地震で被災し、むかわ町が整備を進めていた鵡川高校野球部の生徒寮「三氣塾」(むかわ町文京)の完成お披露目会が17日に開かれた。来賓や関係者らが施設の再建を祝い、部員たちが思いを新たにしてい...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク