全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

浦幌展 熱視線 世界メディアが報道 企画「コロナな世相」

世界的に注目を集めている町立博物館で開催中の企画展「『コロナな世相』を語り継ごう」

 浦幌町立博物館で開かれている企画展「『コロナな世相』を語り継ごう」(5月20日~)が、AP通信によって配信され、米国のメディアを中心にニュースとして取り上げられている。新型コロナウイルス感染拡大の日常生活への影響を後世に伝える同展の趣旨は、世界の人々の関心を集めている。

 AP通信は8月下旬、「Japan museum portrays pandemic life through everyday things(身近なものからパンデミック生活を描写する日本の博物館)」のタイトルで記事を配信。

 米国の日刊紙「ニューヨーク・タイムズ」「ワシントン・ポスト」「サンフランシスコ・クロニクル」、テレビの「ABCニュース」、雑誌「USニューズ&ワールド・リポート」などが取り上げた。「英字朝日新聞」「英字毎日新聞」、サウジアラビアで発行されている英字紙「アラブニュース」にも掲載され、世界的な話題となった。

 企画展では、町と町商工会が発行した飲食店を応援するクーポン券、町が全戸配布した使い捨てマスク、町女性団体連絡協議会のイベント中止を周知するチラシ、商店のチラシ広告自粛のお知らせなどを展示。中止になった「第92回選抜高校野球大会」(阪神甲子園球場)の関連グッズも紹介している。

 博物館によると日本はもとより、ロシア、中国からも問い合わせがあり、コロナ禍で使われている生活用品の寄贈も。現在は展示していないものを含めて400点を収蔵している。

 持田誠学芸員は「(資料は)コロナ禍を振り返る時に必ず役立つ。国内の他の博物館と連携し、情報収集のあり方などを整えたい」としている。企画展は来春まで展示品を入れ替えながら続ける。問い合わせは同館(015・576・2009)へ。

関連記事

荘内日報社

プロと一緒に撮影 仙台の中学生が時代劇の映画づくり体験

 鶴岡市羽黒町川代のスタジオセディック庄内オープンセットに17日、仙台市立長命ケ丘中学校(長沼致弘校長)の2年生63人が校外活動で訪れ、名作の数々が生み出されたセットを使った時代劇の映画づくりを体験した...

紀伊民報社

県文化財指定を検討 安居の暗渠(あんきょ)

 和歌山県教育委員会は、白浜町の日置川沿いにある「安居の暗渠(あんきょ)」と水路について、県文化財指定を検討すると明らかにした。貴重な存在と評価し、保存や活用の方法も併せて考える。  17日の...

ガチャ440種 道東最大級 イオン帯広にオープン

 トーシン(帯広市、宮本達也社長)は18日、イオン帯広店(帯広市西4南20)2階に、カプセル入り玩具「ガチャガチャ」が400種類以上並ぶショップ「#C-pla(シープラ)」をオープンさせた。同...

宇部日報社

山陽小野田市が新型コロナ対策に取り組む飲食店を「取組宣言店舗」に認定

 山陽小野田市は、新型コロナウイルスの感染防止対策に取り組み、一定の基準を満たした飲食店を「取組宣言店舗」に認定し、ステッカーやポスターを配布するとともにホームページに掲載して、「安心して利用で...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク