全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

3700万円を私的流用 苫小牧歯科医師会前副会長、少なくとも7年間

苫小牧歯科医師会(阿部雅人会長、会員109人)の副会長を務め、今年1月に死亡した男性歯科医師(当時59歳)が、少なくとも7年間にわたって3700万円余りを私的流用していたことが分かった。昨年12月、会計に使途不明金が見つかり、内部調査を進めていた。同会は全額の弁済を前副会長の親族に求めており、返済が得られなければ訴訟に発展する可能性もある。

 同会の調査によると、流用されていたのは会員から徴収する会費や会の積立金など約3724万円。前副会長は1998年度から理事を務め、2002~05年度と08~12年度の2度にわたり会計を担当した。13年度から法人・機構改正担当に変わったが、担当を外れた後も実質的に1人で会計業務を続けていたという。17年度から副会長を兼任した。

 19年度に就任した阿部会長が財務状況を把握するため、前副会長に資料の提出を求めたところ、収支の一部が合わなかったり、領収証が不足したりしていることが判明。聴き取り調査を進める中、前副会長は今年1月28日、苫小牧市内の自院で起きた火災で死亡した。

 同会は税理士事務所に調査を依頼し、13年度以降の会計帳簿などを調べた結果、19年度までの7期合計で約3724万円の使途不明金が見つかった。それ以前の決算資料などは廃棄されており、実際の被害額はさらに多かった可能性もある。

 年度ごとに見ると、13年度が469万円、14年度312万円、15年度280万円。16年度の409万円以降は年々金額が膨らみ、直近の19年度は1040万円に上った。関係者は「18年9月の胆振東部地震で全国の関係団体から多額の見舞金を頂いたが、その使い道も不明な部分が多い」としている。不明金の使途について、前副会長は聴き取り調査にも口をつぐんでおり、流用の動機や詳細は分からなかったという。

 同会は弁護士や苫小牧署にも相談したが、前副会長が死亡していることから刑事告訴はせず、親族に弁済するよう求めている。同会はずさんな会計処理に長年気付かなかった体制にも問題があったことを認めており、阿部会長は「今年度から財務管理を外部の税理士に委託した。年1回の内部監査も3回に増やすなどチェック機能を強化し、再発防止に取り組む」としている。

関連記事

十勝200キロ走破に挑戦 トカプチ400の一部走行 「ブルベ」

 超長距離サイクリングイベント「ブルベ」を企画するオダックスジャパン北海道(札幌)は17日、十勝を舞台に「ブルベ十勝200」を開いた。帯広を発着点に広尾など9市町村、約200キロを走るイベント...

長野日報社

2年ぶりイルミ輝く 長野県南箕輪村の大芝高原で「フェス」開幕

 長野県南箕輪村の大芝高原で16日、秋空を彩る「第16回大芝高原イルミネーションフェスティバル」(同実行委員会主催)が始まった。昨年は新型コロナウイルス感染症の影響で中止したため、2年ぶりの開催。...

市立図書館 車両稼働を記念し 「こっかあら号」公開

 新移動図書館こっかあら号稼働記念として移動図書館展を開いている石垣市立図書館は16日、関連イベントとして同館前で「こっかあら号」を市民に特別公開した。  同企画は移動図書館の巡回コースに入って...

北羽新報社

天空の不夜城デザイン 能代駅で「駅カード」配布

 JR秋田支社は、16日から能代駅を含む3駅で「駅カード」の配布を開始した。駅情報や人気の列車の絵などを盛り込んだデザインで、今回が第5弾。改札口で受け取ることができる。配布期間は来年2月27日まで...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク