全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

今年もボウズハゼの〝駅長〟が登場

〝駅長〟に就任したボウズハゼ(古座川町小川で)

 和歌山県古座川町小川にある道の駅「瀧之拝太郎」に今年もボウズハゼの〝駅長〟が登場した。施設内の水槽で1日から観光客らを迎えている。〝任期〟は8月31日まで。

 小川にある県の名勝・天然記念物「滝の拝」では、岩壁を群れになって登るボウズハゼの姿が人気で、遠方から見に来る観光客もいるが、川の状態が悪く見られない時もあることから、町公民館小川分館の尾添宏進分館長(59)が、昨年から子どもたちが多く訪れる夏休み限定で道の駅で飼育している。餌は川の石に付いたコケで、尾添さんが3日に1度、近くの川で石を探して交換している。
 今年のボウズハゼも、尾添さんがアユの友釣りをする知人から譲り受けた。体長は約15センチで、任期を終えた後は川へ返す。隣の水槽では、古座川で生息しているボウズハゼなどのハゼ類やエビ類も飼育している。
 尾添さんは「本物のボウズハゼを見てもらうことで、美しい古座川の自然の貴重さを知ってもらえればと思い昨年から飼育している。皆さん、新型コロナウイルス感染症対策でストレスの多い時間を過ごしていると思うが、ボウズハゼのかわいい目や動きが、少しでも癒やしになればうれしい」と話している。
 道の駅の開館時間は月~金曜が午前8時半~午後5時。土日曜は午前10時半~午後3時で、地元物産販売もある。

関連記事

助け合って生活 豊丘地区の住民生活実態調査結果 高齢化で交通面に不安 旭川大..

旭川大学の学生は24日、厚真町豊丘地区の住民に実施した生活実態調査の報告会をオンラインで行った。保健福祉学部コミュニティ福祉学科の2年生30人が、農地継承や後期高齢者の現状などについて、画面越しに...

先週コロナ急拡大 十勝192人 帯広153人

 道は24日、先週(16~22日)の市町村別新型コロナウイルス感染者数を公表した。十勝管内は192人で、先々週(9~15日)の43人から急拡大。帯広は153人で昨年8月22~28日以来の100人超...

宇部日報社

全国学校給食週間、小学校で昭和30年代のメニュー

 宇部市内の全公立小・中学校36校は、食べ物の大切さや、給食が多くの人に支えられていることを考えてもらう機会にしようと、24日から28日までの全国学校給食週間に合わせて特別メニューなどを展開して...

みずみずしい純白の花  珍種シロバナヒカンザクラ咲く 奄美市

 鹿児島県奄美市名瀬大熊の県道81号沿いで珍種のシロバナヒカンザクラが開花し、みずみずしい純白の花が通行人の目を和ませている。  満開を迎えているのは県道沿い3カ所の合計5本。辺りでは濃いピン...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク