全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

年内開催を見送り アイスホッケー・アジアリーグ

今季初の全体練習を行った王子イーグルス=8日、白鳥王子アイスアリーナ

 アジアリーグアイスホッケー(小林澄生チェアマン)は8日、新型コロナウイルス感染拡大の情勢を考慮し今秋開幕を予定していた2020~21シーズンの年内開催を見送ると発表した。新たに来年1月以降の開催を検討し、年内については王子イーグルスをはじめ日本勢5チームによる国内選手権実施を模索していくという。

 今シーズンは横浜市を拠点にする横浜グリッツがリーグに新規加盟し、韓国、ロシア勢を合わせた計8チームで10月中旬の開幕を検討していた。リーグ事務局によると、加盟3カ国間の海外渡航制限、入国後の自主隔離が解除されておらず、年内開催の中止に踏み切った。今後は21年1~4月の3カ国リーグ開催を検討し、今年9月1日時点の情勢によって可否を判断するという。

 こうした中、8日から氷上全体練習を苫小牧の白鳥王子アイスアリーナで開始した王子イーグルスの菅原宣宏監督は「やるべきことは変わらない。いつか試合ができるときに、しっかり自分たちの実力を発揮できるよう準備したい」と話した。

 苫小牧市の岩倉博文市長は「接触の多い競技。想定されていたこととはいえ、残念。イーグルスにはシーズンインに向け、しっかりチームをつくってもらいたい」と期待を込めた。再開に向けては「日本だけでなく、ロシアや韓国など関係国の感染状況も考慮しての判断になるだろう」と述べた。

関連記事

釧路新聞社

雑海藻を餌とした肥育に挑戦【釧路町、標茶】

 【釧路町、標茶】釧路町昆布森産コンブを餌に肥育した標茶産肉牛のブランド化や商品開発を進める釧路町と標茶町は今年度、雑海藻を餌とした肥育に挑戦する。両町は昨年、互いの特産品を生かした商品開発や地...

長野日報社

「星ケ塔遺跡」今年も人気 今季初の日帰りツアー 長野県下諏訪町

 長野県下諏訪町観光振興局は22日、同町郊外にある国史跡「星ケ塔黒曜石原産地遺跡(星ケ塔遺跡)」を訪ねる日帰りツアーの今季初回を開いた。全国各地から定員いっぱいの15人が参加。一行は標高約1500...

然別湖上の景色 遊覧船で 安全確認入念に 今季の運航開始

 今季の然別湖の遊覧船運航が21日、始まった。10月末まで毎日運航され、普段はなかなか見ることができない湖上からの風景を楽しめる。  遊覧船は、鹿追の然別湖畔温泉ホテル風水が1963年から運...

大島紬がフェラーリ内装に ニューヨークで機織り実演も

 イタリアの高級車メーカー「フェラーリ」が、本場奄美大島紬を織り込んだ生地を運転席の内装に使用した特別仕様車を製造し、話題を呼んでいる。大島紬織元のはじめ商事(鹿児島県奄美市名瀬、元允謙社長)が...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク