全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

年内開催を見送り アイスホッケー・アジアリーグ

今季初の全体練習を行った王子イーグルス=8日、白鳥王子アイスアリーナ

 アジアリーグアイスホッケー(小林澄生チェアマン)は8日、新型コロナウイルス感染拡大の情勢を考慮し今秋開幕を予定していた2020~21シーズンの年内開催を見送ると発表した。新たに来年1月以降の開催を検討し、年内については王子イーグルスをはじめ日本勢5チームによる国内選手権実施を模索していくという。

 今シーズンは横浜市を拠点にする横浜グリッツがリーグに新規加盟し、韓国、ロシア勢を合わせた計8チームで10月中旬の開幕を検討していた。リーグ事務局によると、加盟3カ国間の海外渡航制限、入国後の自主隔離が解除されておらず、年内開催の中止に踏み切った。今後は21年1~4月の3カ国リーグ開催を検討し、今年9月1日時点の情勢によって可否を判断するという。

 こうした中、8日から氷上全体練習を苫小牧の白鳥王子アイスアリーナで開始した王子イーグルスの菅原宣宏監督は「やるべきことは変わらない。いつか試合ができるときに、しっかり自分たちの実力を発揮できるよう準備したい」と話した。

 苫小牧市の岩倉博文市長は「接触の多い競技。想定されていたこととはいえ、残念。イーグルスにはシーズンインに向け、しっかりチームをつくってもらいたい」と期待を込めた。再開に向けては「日本だけでなく、ロシアや韓国など関係国の感染状況も考慮しての判断になるだろう」と述べた。

関連記事

荘内日報社

酒田・飛島 修学旅行先として脚光

 新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、小中学校の修学旅行が実施の有無も含め再検討を余儀なくされる中、行き先として本県唯一の離島・酒田市飛島が脚光を浴び始めている。当初は東京方面に出向く予定だった山...

紀伊民報社

わかやま文化祭盛り上げよう 広報キャラバン出発

 来年10月30日~11月21日、和歌山県内各地で130以上の文化イベントが開かれる「紀の国わかやま文化祭2021」(国民文化祭、全国障害者芸術・文化祭)に向け、機運を盛り上げようと「広報キャラ...

自然の中で政策考案 町長にプレゼン 芽室新採用職員

 今年度採用された町職員の研修が3、4の両日、めむろ新嵐山スカイパークで行われた。職員たちは、虫や鳥の鳴き声が聞こえる自然の中でまちづくり政策を考案。最後は手島旭町長にアイデアをプレゼンテーション...

宇部日報社

「オープンストリート宇部」好評

 飲食店が歩道にテラス席を設ける「オープンストリート宇部」が5日、市街地で始まった。市道の平和通り、寿橋通り、小串通りに面する17店舗が参加。初日はさっそく夜風に当たりながら会食を楽しむ人々の姿...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク