全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

おでかけ応援チケット タクシー、路線バス、運転代行割引 16店舗に先行販売

 石垣市商工会(黒嶋克史会長)は27日午前、タクシー、路線バス、運転代行で割引が受けられる「石垣市おでかけ応援チケット」1850枚を16店舗に先行販売した。今後、21店舗に3000枚行う。市は2万枚の発行を予定しており、残りの1万7000枚は7月13日に販売する予定。引き続き販売店舗を募集している。

 先行販売で200枚チケットを購入した島人居酒屋8番地=美崎町=の川満高司オーナーは「9割以上が島の人なので、いつも来る人にちょっとでもお返しできればとの思いで購入した。『お通しです』と言って(チケットを)出す予定です」とユニークな利用法を紹介した。         商工振興課の西銘基恭課長補佐兼物産振興係長は「販売にとらわれず、対お客さんとのコミュニケーションとして使っていただければ」と幅広い利用方法での参加を呼び掛けている。

 チケットは、市民や観光客が1枚300円で対象販売店から購入し、500円分の乗車料金としてタクシー全社、路線バス全社、運転代行6社で利用できる。利用期間は7月1日から12月31日までで、6月28日から順次、販売店舗で購入できる。販売店舗は、7月上旬に市が配布するポスターのQRコードか市ホームページで確認できる。1回当たりの購入枚数は20枚が上限。

 販売店は、1枚250円で50枚から最大200枚まで購入できる。原則として1枚300円で販売するが、販売形態は各店舗で決めることができ、集客ツールとして活用できる。販売店舗の対象は、市内の個人店舗と中小零細企業で飲食店、日用雑貨店、小売店、サービス業、書店、宿泊施設など市民や観光客にチケットを販売できる店舗。

 申し込みについては市商工振興課(82—1533)、購入窓口は商工会(82—2672)

関連記事

長野日報社

赤砂崎公園に土俵完成 荒汐部屋諏訪湖後援会が整備 長野県下諏訪町

 大相撲の荒汐部屋(東京)を支援する諏訪地方の有志でつくる「荒汐部屋諏訪湖後援会」は、長野県下諏訪町で8月に実施予定の同部屋の夏合宿を前に、同町の赤砂崎公園に新しい土俵を整備した。22日に完成し...

チャレンジショップ改装 コンサドーレ札幌所属・中村選手 展示スペース増やす..

むかわ町観光協会は、町松風のチャレンジショップを改装した。サッカーJリーグ1部(J1)、北海道コンサドーレ札幌に所属する同町出身のDF中村桐耶選手(23)の展示コーナーのスペースを増やし、ファンが...

荘内日報社

渚の交番 カモンマーレ10万人 鶴岡 1周年に達成 記念イベント 魚つかみ取り マ..

 鶴岡市加茂で昨年6月にオープンした「渚の交番カモンマーレ」の来館者が22日、10万人に達し、記念のセレモニーが行われた。同日はオープン1周年の記念イベントも開かれ、夏空が広がり目の前の海が青さを増す中...

子どもの夜間・休日診療オンラインで 7月に管内初導入 上士幌

 上士幌町は7月1日、実証実験として、東京の民間医療サービス会社と連携し、小児科の夜間・休日オンライン診療を始める。町によると、管内では初の取り組みで、「子どもを連れて移動する必要がないので、通院...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク