全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

83歳おかみ 矢野さん引退へ はげ天 帯広・長崎屋店が閉店

28日で営業を終えるはげ天長崎屋店と矢野靖子さん

 帯広市の老舗料理店「はげ天」(矢野整社長)の長崎屋店(長崎屋帯広店4階)が、28日の営業を最後に閉店する。店を切り盛りしている先代社長夫人矢野靖子さん(83)の年齢的な理由。閉店を前に、店には「十勝を代表するおかみ」の引退に花を添えようと常連客が訪れている。

 はげ天は1934年に創業。現在は帯広市内で本店など4店と札幌で1店を展開している。長崎屋店は1990年の長崎屋オープン時に開店。2代目社長・故治夫さんの妻の靖子さんが代表となり、独立採算制で営んできたが、30日にテナント契約の満了を迎えることから、更新せずに店を閉めることにした。

 「十勝を代表するおかみ」。靖子さんは、常連客から親しみを込めてそう呼ばれた。天丼や豚丼のたれ作りは、本店から受け継いだレシピで自ら担当。調理法は同じでも、あえて長崎屋店に通う客もいた。

 観光客が多い本店に対し、来店客の約8割は地元客。新型コロナウイルスの感染拡大を受け、3、4月は売り上げが半分ほどに落ち込んだが、緊急事態宣言解除後の回復は早かったという。

 靖子さんは「お客さまは家族のような存在。長く営業できたことに感謝している。引退後は趣味のお茶や日本画をして過ごしたい」と話している。

関連記事

八重山の味つたえ隊 JICA研修員に家庭料理

 国際協力機構(JICA)の研修員受け入れ事業が17日、森井農園(森井一美代表)=宮良仲田原=で行われ、「南の島々から八重山の味つたえ隊」(上原かよ子隊長、10人)がアフリカのマダガスカルとブルキ...

釧路新聞社

鶴居産野菜 フレッシュジュースに つるぼーの家、規格外活用【鶴居】

 【鶴居】鶴居たんちょうプラザ「つるぼーの家」(運営・村振興公社)は毎週土、日曜の朝限定で、鶴居産の野菜を使った「モーニングフレッシュジュース」の販売を始めた。野菜は店頭に出せない規格外品を使用し...

長野日報社

ブルーベリー40種摘み取り 観光農園あすオープン 長野県原村

 長野県原村払沢にブルーベリー観光農園「原村の山麓ブルーベリー農園」が20日、オープンする。横浜市から新規就農した清水裕介さん(69)=払沢=が、耕作放棄地を自身で開拓するなど3年ほどかけて準備し...

紀伊民報社

心安らぐピンク色の花 大賀ハス咲き始める

 和歌山県上富田町岡の田中神社近くにあるハス田で、大賀ハスの花が咲き始めた。世話をするグループによると、7月中旬ごろまで見ることができるのではないかという。  大賀ハスは、1951年に植物学者の...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク