全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

アツモリソウ保護回復を 美ケ原高原で上農高生が人工授粉

アツモリソウの再生を願って美ケ原高原で人工授粉をする上伊那農業高校の生徒たち

 美ケ原高原のアツモリソウ保護回復事業に参画する上伊那農業高校(南箕輪村)の生徒たちが17日、松本、上田、長和の3市町にまたがる高原で、アツモリソウの人工授粉を行った。絶滅の危機にあるアツモリソウの無菌培養増殖に取り組む同校が、開花個体を確実に結実させるために行う5年目の取り組みで、生徒たちは、「幻の花」の再生を願って花粉をつけた。

 バイテク班・生命探究科植物コースの3年生6人が実習を兼ねて現地で作業した。生徒らは同時に開花している個体を選んで、花粉を別の個体の雌しべの柱頭につける他家授粉を行った。初めて授粉を体験した田中瑞歩さんは「実物は思っていたよりも小さく、花の構造も複雑で難しかった」と作業を振り返った。

 他家授粉は同じ花で授粉する自家授粉に比べて受精率が高まるとされ、結実が確認できれば8月中旬以降にさやを採り、培地に播種(はしゅ)して無菌培養に入る。指導する有賀美保子教諭は「花の状態が良かったので、うまくいくと思う」と話した。

 アツモリソウは県の特別指定希少野生動植物に指定される保護の対象種で、乱獲やシカの食害、生育環境の悪化で個体数を減らしている。人工授粉の作業を終えた野溝彩奈さんは「自然を守るための貴重な体験ができたことがうれしい。自分たちの授粉で種が採れたらもっとうれしい」と笑顔を見せた。

 同校は13年前に始めたアツモリソウの無菌培養の研究を基礎に、2016年度に美ケ原個体群の人工交配に着手した。他家授粉が実現した18年度に無菌培養した個体が、芽の元になるプロトコームを形成。翌年、根や芽への分化にまでこぎつけ、今年度は土に移植し、順化させる段階に進んでいる。

関連記事

荘内日報社

「いじめのない学校づくり」発信!! 三川・東郷小運営委員会 オリジナル演劇..

 三川町の東郷小学校(海藤陽子校長、児童122人)の児童が、いじめ問題に取り組んでいる。6年生の運営委員が中心となり、オリジナルの「いじめ演劇」を作って全校児童を前に発表。劇を見た感想を求めるなどして...

紀伊民報社

駐日トルコ大使が初来県 就任後初の公式訪問

 トルコのコルクット・ギュンゲン駐日大使(53)が20日、就任後初の公式訪問で来県した。県立博物館(和歌山県和歌山市)で、約130年前に串本町の樫野崎沖で沈没したトルコ軍艦エルトゥールル号によっ...

池田のお店動画 注目道内一 裏メニュー紹介や店内突撃

 池田町商工会(平井昌行会長)が動画共有サイトYouTube(ユーチューブ)https://wwwyoutubecom/channel/UCTcTkRYf6sKkLzeuAqUVcuwの公式チャンネルを活用し、町内事業者を紹介する動画を配信している。...

宇部日報社

大寒に合わせ山陽小野田市の妙徳寺で寒行

 一年で最も寒さが厳しいとされる二十四節気の一つ「大寒」の20日に合わせて、山陽小野田市野中にある妙徳寺(荒川英良住職)で寒行と祈願回りが始まった。29日までの毎晩、檀家(だんか)の人たちが市内...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク