全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

観光施設に笑顔戻る コロナ自粛続くも一歩前進

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で臨時休館となっていた鶴岡市立加茂水族館が18日、営業を再開した。酒田市の山居倉庫にある市観光物産館「酒田夢の倶楽(くら)」も17日に再開。今月14日に山形県など全国39県への緊急事態宣言の解除に伴い、庄内地域の観光関連施設も約1カ月半ぶりに動きだした。各施設は一部の利用を制限するなど感染拡大防止への取り組みを徹底し、段階的な通常営業への歩みを始めた。

 鶴岡市立加茂水族館(奥泉和也館長)は18日、海獣によるステージショーや売店などの一部サービスを除き営業を再開した。訪れた人たちはスマートフォンを手にクラゲと一緒に記念撮影するなどした。また、久しぶりの人のにぎわいにアザラシなども元気な遊泳姿を見せていた。

 水族館では飼育員によるクラゲ解説やショーなどのイベントを当面中止し、営業自粛が続く併設のレストラン「魚匠ダイニング沖海月(おきみづき)」ではメニューのテークアウト販売を始めるなどして「3密」を防ぐ対策を実施。館内で万が一感染者が発生した場合、来館者に対し連絡が取れるよう氏名や連絡先などの記入を求めた。さらに観覧の際に他者との間隔を空ける目印として、床に2メートルほどの等間隔を空けて白いテープを引くなど対応した。

 この日、開館時間の午前9時になると来館者は玄関入り口に設置された足消毒マットを通過して入館。非接触型の検温後、連絡先を記入し手指の消毒を終えると展示室へと進んでいった。来館者第1号となった80代男性は親戚と3人で訪れ、「今日から再開と聞いて来た。水族館のこうしたコロナ対策はいいと思った」と話し、一緒に来ていた小学生(11)は「クラゲを楽しみにしてきた。クラゲアイスも食べたい」と話していた。

 水族館では休館中も館内の様子を情報発信するなどし、各従業員らが“総力戦”で休館時期を乗り越えてきた。奥泉館長は「来館者の顔を見て心が温かくなった。コロナは終わったわけではない。先が見えないが引き続き対策を行い、安心してお客さんが足を運ぶことができるようにしていきたい」と話していた。

リニューアルでさらに充実 酒田市観光物産館 「酒田夢の倶楽」

 酒田市観光物産館「酒田夢の倶楽」が17日再開した。前日までに地酒コーナーや冷蔵・冷凍庫などの再配置、県内に1台しかない8Kテレビの設置・上映、「おしん」人形ギャラリーの充実といった館内リニューアルを行った。

 山居倉庫12棟のうち11号棟(1894年建設)、12号棟(1927年建設)の2棟を市が2002年、JA全農庄内(当時)から購入。04年4月に酒田の歴史や文化に関する史料を紹介する「華の館」、地元産品即売の「幸の館」などで構成する「酒田夢の倶楽」がオープンした。山居倉庫の趣を生かした構造、酒田を代表する物産品が一堂に集まっていることから人気を集めている。先月9日から臨時休館していた。

 来館に際し、同館を運営する酒田観光物産協会(弦巻伸会長)は▽来館時のマスク着用▽出入り口での手指消毒▽社会的距離の確保▽体調不良時の来館自粛―をあらためて呼び掛けている。同協会の荒生満専務理事は「館内リニューアルはこのタイミングでしかできなかった。リニューアルした館内をまずは市民から見てもらい、『ふるさと便』の取り扱いもあるので県外在住者に贈ってもらえたら」と話した。

1カ月半ぶりの営業再開となった鶴岡市立加茂水族館

館内をリニューアルし再開した酒田夢の倶楽=18日

関連記事

紀伊民報社

防災用品の購入急増 地震発生であらためて危機感

 3日に和歌山県の田辺市などで震度4の揺れを観測する地震が発生したのを受け、紀南地方で防災用品への関心が高まっている。田辺市内のホームセンターでも在宅避難用グッズの購入が増えている。  田辺市...

荘内日報社

ハタハタ高値 台所を直撃 「大黒様のお歳夜」他の魚に代替えも 複雑な表情

 9日は「大黒様のお歳(とし)夜(や)」。庄内ではハタハタの田楽を食べる風習があるが、今年はハタハタ漁に異変が起きている。1月から10月までの水揚げは昨年と比べて半減。近年指摘されている高い海水温が原...

62年前の苫東高新聞を発見、現役局員は質の高さに驚き

苫小牧市王子町の私設文学館「斉藤征義の宮沢賢治と詩の世界館」で、1959(昭和34)年12月5日付の苫小牧東高新聞第40号が見つかった。2019年に78歳で亡くなった詩人の故斉藤征義さんは、同高O...

地域交通に暮らしの視点 国交省、コロナ後へ研究会 十勝バスもモデル

 国土交通省はアフターコロナ時代の地域交通の方向性を考える新たな研究会を立ち上げた。新型コロナウイルスの影響で旅客の輸送需要が減少する中、地域の足としてのセーフティーネットに加え、地域住民の暮らし...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク