全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

パラグライダー利用最多 浦幌・十勝太拠点の愛好会

 浦幌町昆布刈石にある十勝太パラグライダー基地を拠点に活動する十勝管内の愛好家などでつくる「パラグライディング十勝」(田代茂樹代表、会員35人)は、2019年度の利用者が777人で集計を開始した15年度以降で過去最多を記録した。今年度は新型コロナウイルス感染拡大の影響で水を差された格好となっているが、同十勝では4月上旬から例年通り活動している。

パラグライダーで上空を舞う会員ら(19年10月撮影、パラグライディング十勝提供)

 同十勝は13年に発足。現在の会員は十勝、釧路両管内の愛好家が中心。4月から十勝太基地に会員らが集まりフライトを楽しんでいる。また、ライセンス取得のためのスクール、ライセンス取得者と一緒にフライトする観光体験なども行っている。町昆布刈石の海岸から約100メートルの高さの絶壁の上にあるパラグライダー基地から飛び立ち、上空から太平洋を一望できる。

 利用状況の推移は、15年度は620人、16年度は632人、17年度は618人、18年度は613人。過去最多となった19年度利用者の内訳は、道内491人(うち十勝・釧路管内289人)、道外284人、海外(香港)2人。同十勝によると、19年度は十勝管内が舞台のNHK連続テレビ小説「なつぞら」効果などもあって道外の利用者が伸びた。

 今年度は4月4日から活動を開始しているが、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、例年は30人前後の予約があるゴールデンウイークのスクールや観光体験の予約は0件となっている。田代代表(54)は「パラグライダーは3密(密閉、密集、密接)を避けられるので、気晴らしにフライトを楽しんでみては」と話している。

 スクールや観光体験は事前に要予約。希望者は、同十勝の田代代表(090・3773・9138)へ。

関連記事

若雌1類優秀に大海 市畜産共進会 団体賞は下地支部 県上位入賞へ期待込め

 宮古島市畜産共進会(主催・同実行委員会)が13日、JAおきなわ宮古家畜市場で開かれた。3部門に計24頭が出品された。審査の結果、若雌第1類で大海(上野)所有の「たいかいとよひめ」号が優秀賞とJAおきなわ宮...

北羽新報社

金勇で「能代の七夕展」始まる 当番組・萬町組の提灯など展示

 能代市柳町の観光交流施設・旧料亭金勇で13日、同施設の企画展「能代の七夕展」が始まった。8月6、7日に市内で行われる役七夕の当番組を務める萬町(あらまち)組で実際に使われる提灯(ちょうちん)や...

岸田首相が矢作ダムなどを視察

 岸田文雄首相はこのほど、豊田市と岐阜県恵那市にまたがる矢作ダムなどを視察した。県が進める「矢作川・豊川CNプロジェクト」について、林全宏副知事らから説明を受けた。  まず、豊田市西山町では...

北羽新報社

コハクチョウ家族が〝定住〟 能代市赤沼の米代川河川敷

 能代市赤沼の米代川河川敷に年中とどまっているコハクチョウの親子がいる。つがいの一方がけがなどのため飛べずにいるのを気遣い、4年ほど前から渡りの季節を過ぎても夫婦そろって残るようになり、2年前...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク