全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

鳥インフル予防強化

荷台に消石灰を積み込む市農政課職員ら=田原市浦町で

 香川県で鳥インフルエンザの発生が確認されたことを受け、田原市などによる市家畜防疫対策協議会は17日、市内の家禽(かきん)農家21戸に防疫対策のための消石灰を配り、予防を強化した。  地元農協の資材置き場など4地区を受け取り場所とし、軽トラックなどに乗った農家らが集まると、市農政課職員らが車のタイヤに消毒剤を吹きかけ、飼養規模に応じた量の消石灰を荷台に積み込んでいった。職員によると、消石灰は全体で270袋(1袋20キロ)を配ったという。  取材に応じた養鶏農家の男性(68)は、例年の傾向で警戒を強めているとした上で「他人事でない。正直、自分がそうなったら(発生したら)どうしていいか分からない」と不安を口にした。採卵鶏農家の男性(60)は「毎年のことで大変だが、今はできるだけのことをするしかない」と神妙な表情で話した。  今季初めての国内発生で、リスクが高まる時期も重なり、豊橋市内でも18日、市内の全家きん農家(29戸)に消石灰が配布される。注意を喚起する資料も渡す。

関連記事

紀伊民報社

大たいまつ製作進む 那智大社で例大祭

 那智勝浦町那智山の世界遺産・熊野那智大社(男成洋三宮司)で、国の重要無形民俗文化財に指定されている例大祭「那智の扇祭り」(7月14日)で使われる大たいまつの製作が進んでいる。  熊野那智大社に...

新鮮野菜求め列 帯広市内サラダ館で「おはよう朝市」

 地元農家が手頃な価格で野菜を販売する「おはよう朝市」が16日午前7時から、帯広市都市農村交流センター「サラダ館」で開かれた。悪天候ながらも多くの来場があり、新鮮野菜を買い求めた。  6月中...

長野日報社

すわっこランド400万人 開館15年目

 諏訪市豊田の温泉・温水利用型健康運動施設「すわっこランド」で15日、オープン以来の入館者数が累計400万人を達成した。幸運な入館者は松本市の女性。金子ゆかり諏訪市長から達成証明証と同施設利用...

竹島水族館で「わたし一肌脱ぎます」展

 脱皮をしたり、他の生物のために懸命になる水生生物をを紹介する企画展「わたし一肌脱ぎます」展が、蒲郡市竹島水族館で開かれている。魚やエビなど9種類を展示している。7月8日まで。  脱皮する生物で...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク