全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

鳥インフル予防強化

荷台に消石灰を積み込む市農政課職員ら=田原市浦町で

 香川県で鳥インフルエンザの発生が確認されたことを受け、田原市などによる市家畜防疫対策協議会は17日、市内の家禽(かきん)農家21戸に防疫対策のための消石灰を配り、予防を強化した。  地元農協の資材置き場など4地区を受け取り場所とし、軽トラックなどに乗った農家らが集まると、市農政課職員らが車のタイヤに消毒剤を吹きかけ、飼養規模に応じた量の消石灰を荷台に積み込んでいった。職員によると、消石灰は全体で270袋(1袋20キロ)を配ったという。  取材に応じた養鶏農家の男性(68)は、例年の傾向で警戒を強めているとした上で「他人事でない。正直、自分がそうなったら(発生したら)どうしていいか分からない」と不安を口にした。採卵鶏農家の男性(60)は「毎年のことで大変だが、今はできるだけのことをするしかない」と神妙な表情で話した。  今季初めての国内発生で、リスクが高まる時期も重なり、豊橋市内でも18日、市内の全家きん農家(29戸)に消石灰が配布される。注意を喚起する資料も渡す。

関連記事

荘内日報社

7地域の味を地元出身者へ 来月上旬から「出羽ふるさと応援便」“出発” 出羽商..

 出羽商工会(本所・鶴岡市大山、上野隆一会長)は新型コロナウイルス対策で、管内7地域ごとの物産をセットにして送る「出羽ふるさと応援便」を来月上旬から実施する。地酒や漬物、お菓子、果物、海産物などを、...

幻想的アイヌの世界 屋外プロジェクション公開-白老・ウポポイ

 12日に開業する白老町のアイヌ文化発信拠点、民族共生象徴空間(ウポポイ)で9日、報道向けの内覧会が開かれた。夜間プログラムの屋外プロジェクションが初公開され、光輝く映像や音で迫力あるマッピング...

むかわ竜やホッピーの縫いぐるみをネット販売 CFで予約受け付け中-M D..

 むかわ地域商社「M Dino」(エムディノ、遠藤研二代表)は、穂別地区で発見されたハドロサウルス科の草食恐竜「カムイサウルス・ジャポニクス」(むかわ竜)をイメージした縫いぐるみを制作した。当面...

没後50年 新たな日勝像 11日開幕 鹿追

 鹿追ゆかりの画家神田日勝(1937~70年)の没後50年回顧展「大地への筆触」が11日、神田日勝記念美術館(町東町3)で開幕する。同時代の作家の画風を吸収しながら独自の表現方法を追求し続けた...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク