全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

第32回諏訪湖マラソン 中止

秋の諏訪湖畔を駆け抜ける第32回諏訪湖マラソン(長野県、諏訪地方6市町村、長野日報社でつくる諏訪圏健康推進協議会主催)は10月25日の開催を予定していたが、新型コロナウイルス感染症の終息の見通しが立たないことから、中止する。ランナー、ボランティア、スタッフ、沿道で応援する地域住民や協賛企業など大会に関わるすべての人々の安全を確保した大会の開催は難しいと判断し、エントリーの受け付け前に中止することが決まった。

大会実行委員会は感染症の拡大状況を見ながら陸上競技関係団体、医療機関、県や市町村などと意見を交わし、中止を決定した。エントリー前の早期の決定について同実行委事務局は「先行きが不透明の中で準備を進め、結果的に中止となった場合に参加料の返金ができなくなる可能性が高いため」としている。大会のエントリーは6月初旬、県民先行枠は5月中旬、6市町村のふるさと納税の返礼品として用意した出場権の受け付けは4月下旬の開始をそれぞれ予定していた。

大会は毎年、10月の最終の日曜日に開催しており、全国から約8000人のランナーが参加。昨年、一昨年は、全国各地の大会に実際に参加したランナーの声を基に選考するアールビーズスポーツ財団主催の全国ランニング大会100撰に選ばれた。

同実行委は「諏訪湖マラソンへのエントリーを検討していた皆さんには大変申し訳ない。中止せざるを得ないのはとても残念だが、次回大会に向けて誠心誠意準備を進めていく」としている。

関連記事

長野日報社

コロナ禍の撮影支援を JFCが総会シンポ

フィルムコミッション(FC)に取り組む全国の自治体や観光協会などで組織するジャパン・フィルムコミッション(JFC)は7日、諏訪市の旧東洋バルヴ諏訪工場跡地でJFC総会シンポジウムを開いた。自治...

長野日報社

磨いてピカピカ 漆喰で「光る泥だんご」 原村郷土館で教室

原村郷土館は3日、漆喰を使って「光る泥だんご」を作る教室を開いた。原村と諏訪市から夏休み中の小学生ら14人が参加。白い漆喰を塗った泥だんごに色漆喰を塗り、ガラス瓶で表面を磨いて光沢を放つ美しい...

昼間の「おばけ」楽しむ

 こども未来館「ここにこ」(豊橋市松葉町3)で、「ひるまのおばけ広場」が開かれている。親子連れで各回満員となるほどの盛況だ。  2年前から館内の展示室を使って、おばけ屋敷を開いてきたが、新型...

長野日報社

辰野西小考案「真ん・中夫(まん・なかお)」 ゆるキャラGPに挑戦

辰野町辰野西小学校の4年生66人が、オリジナルキャラクター「真ん・中夫(まん・なかお)」を活用して、日本の地理的中心に位置する町の魅力発信プロジェクトに取り組んでいる。2018年度の卒業生が考...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク