全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

第32回諏訪湖マラソン 中止

秋の諏訪湖畔を駆け抜ける第32回諏訪湖マラソン(長野県、諏訪地方6市町村、長野日報社でつくる諏訪圏健康推進協議会主催)は10月25日の開催を予定していたが、新型コロナウイルス感染症の終息の見通しが立たないことから、中止する。ランナー、ボランティア、スタッフ、沿道で応援する地域住民や協賛企業など大会に関わるすべての人々の安全を確保した大会の開催は難しいと判断し、エントリーの受け付け前に中止することが決まった。

大会実行委員会は感染症の拡大状況を見ながら陸上競技関係団体、医療機関、県や市町村などと意見を交わし、中止を決定した。エントリー前の早期の決定について同実行委事務局は「先行きが不透明の中で準備を進め、結果的に中止となった場合に参加料の返金ができなくなる可能性が高いため」としている。大会のエントリーは6月初旬、県民先行枠は5月中旬、6市町村のふるさと納税の返礼品として用意した出場権の受け付けは4月下旬の開始をそれぞれ予定していた。

大会は毎年、10月の最終の日曜日に開催しており、全国から約8000人のランナーが参加。昨年、一昨年は、全国各地の大会に実際に参加したランナーの声を基に選考するアールビーズスポーツ財団主催の全国ランニング大会100撰に選ばれた。

同実行委は「諏訪湖マラソンへのエントリーを検討していた皆さんには大変申し訳ない。中止せざるを得ないのはとても残念だが、次回大会に向けて誠心誠意準備を進めていく」としている。

関連記事

長野日報社

今年の豊作願い田植え 下諏訪町の万治の石仏

長野県下諏訪町の諏訪大社下社春宮近くにある「万治の石仏」脇の田んぼで25日、田植えが行われた。下諏訪観光協会職員、町の地域おこし協力隊隊員、町職員など10人が長靴を履いて水田に入り、豊かに実る...

長野日報社

静かに咲き誇る大輪 「ぼたん寺」の遠照寺

長野県伊那市高遠町山室の遠照寺でボタンの花が見頃となった。約160種ものボタンがそろい、「ぼたん寺」との名で親しまれている同寺。新型コロナウイルス感染拡大防止のために花期恒例の「ぼたん祭り」は...

感謝を込めて花を購入 母の日、島産花きギフトも

 5月の第2日曜日の10日は「母の日」。ことしは新型コロナウイルスの感染拡大を防止しようと、日本花き振興協議会が5月いっぱいを「母の月」と位置づけている。入店人数の制限や店舗前での商品受け渡しなど...

長野日報社

ダイナミックな五つの遊び体験 「ASOBINA」24日オープン

伊那谷の自然や地形、景観を生かしたダイナミックな遊びが楽しめるエリア「ASOBINA(アソビナ)」が24日、伊那市横山にオープンする。プロパラグライダーパイロット呉本圭樹さん(41)=同市=が...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク