全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

レッドダイアモンズ一員 帯広の戸出さんチア名門へ

憧れの箕面自由学園の校門の前で意気込む戸出笑光里さん

 北海道を代表するチアリーディングチーム「レッドダイアモンズ(帯広十勝チアリーディングチーム)」の一員として全国に2度出場経験を持つ戸出笑光里(えみり)さん(14)=中学3年生=が7日、全国トップクラスの強豪校、箕面自由学園中(大阪府豊中市)に転入して始業の日を迎えた。4歳から競技を始めて10年。当初考えていた全国優勝35回の名門・箕面自由学園高への進学よりも1年前倒しし、少しでも早く環境に慣れ力を蓄える道を選択した。白樺学園高硬式野球部監督の父直樹さんの次女。後押ししてくれた家族や仲間のために「結果で恩返ししたい」と意気込む。

 憧れが現実となった。母美幸さんが「帯広十勝」のコーチをしていたこともあり、母のおなかにいるときからすでに「チア」が身近な存在だった。箕面自由学園高の存在を初めて意識したのは豊成小4年生の時。インターネットで同校の強いだけではなく特色のある演技構成の動画を見ながら自身の将来像を描いてきた。帯南町中に進んで以降、箕面自由学園中でやりたい気持ちは強くなり、昨年11月には練習を見学しに大阪へ向かった。

 大きな衝撃を受けた。高度な技や取り組む姿勢など、思っていたよりも何から何まで違った。ただ落胆することはみじんもなかった。今のままでは足元にも及ばない-と逆にやる気に火が付いた。「まだまだできるという気持ちがあったし、ここでやれば(実力が)上がると思った」。決心が固まった。チーム出身で帯八中から箕面自由学園高に進み、東海大在学中の2017年に世界一に輝いた大先輩の村瀬七実さんの存在も大きかった。

 大阪では札幌在住だった祖母菊池悦子さんと一緒に生活する。「帯広では週1回しか練習できなかったが、今度は部活動。厳しいとは思うが毎日できるうれしさの方が大きい」

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で、同校の部活動は自粛中。新たな仲間と顔を合わせることができず、先も見えない中、自宅で筋力トレーニングなどできる限りの準備はしていく。「一緒にやってきた(十勝の)仲間からたくさんもらった応援メッセージが力になっている」。自他共に認める負けず嫌い。中学、高校での日本一と将来の日本代表が目標だ。「まだ中学生とはいえ、大阪でやるからには寂しい気持ちを捨てて厳しい中でも最後までやり切る」。固い意志と信念は勝負師の父譲りだ。

関連記事

豊橋・藤ノ花女子高で針供養 豪華なひな段にお供えも

 豊橋市老松町の藤ノ花女子高校は26日、「針供養・ひなまつり」行事を開いた。針供養は前身の「豊橋裁縫女学校」創立(1902年)以来続く。全校生徒が役目を終えた針に感謝した。  生徒に優しさや感...

家族集い墓前で「正月」 郡内各地で十六日祭

 あの世(グショー)の正月と言われる十六日祭(ジュールクニチー)が25日(旧暦1月16日)、郡内各地で催された。家族や親戚らが集まり、墓前でオードブルや花、酒などを供えて家族の健康や子孫繁栄を願った...

釧路新聞社

キツネ被害 対処方法 市、ホームページに情報掲載【釧路市】

 クマやシカ、野鳥などの野生鳥獣に関する情報発信について、釧路市は新たにキツネの被害と対処に関する情報を市ホームページ(HP)に掲載した。市への問い合わせなどが多いことに伴う取り組み。担当の市環境...

長野日報社

「高遠城址公園さくら祭り」伊那市が対策会議 運営方針など確認 長野県 

長野県伊那市は26日、観桜イベント「高遠城址公園さくら祭り」の対策会議を同市高遠町総合福祉センター・やますそで開いた。祭りに携わる関係者ら約50人が出席し、運営方針や交通、防犯対策などを確認。...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク