全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

ゾウ「ナナ」死ぬ 雌の最高齢 帯広・動物園

市民から愛されてきたナナ(昨年10月)

 おびひろ動物園(柚原和敏園長)は5日、アジアゾウの「ナナ」(雌、59歳)が4日夜に死んだと発表した。雌としては国内最高齢で、雄と雌合わせても2番目の高齢だった。

 1961年にインドで生まれ、3歳でおびひろ動物園にやって来た。半世紀以上を同園で過ごし、4世代にわたって市民から愛された。

 1月19日から立てなくなり、室内獣舎で展示飼育係らが介抱していた。

 衰弱は徐々に進み、4日午後8時半ごろ、意識が薄れているのを担当の展示飼育係が確認。同10時ごろ静かに息をひきとり、柚原園長らがみとった。

 6日に帯広畜産大で解剖し、死因を調べる。道内の各動物園にも協力を呼び掛けている。

 柚原園長は「56年間帯広で過ごし、いろんな思い出をみなさんが持ってくれている。激励や果物も頂き、改めてナナへの愛を感じた。動物園のシンボルであり宝物だった」と話している。献花台は夏季開園日の4月29日に設ける。

関連記事

釧路新聞社

建物青く照らし啓発【釧路】 

  幣舞橋ライトアップ実行委員会(佐藤みちる委員長)は、国連が定めた「世界自閉症啓発デー」の2日、幣舞橋の四季の像などを自閉症のシンボルカラーであるブルーにライトアップした。  ライトアップは自...

県蝶にオオゴマダラ制定 自然環境保全、周知啓発へ

 【那覇】県は1日、県蝶にオオゴマダラを制定した。都道府県の蝶制定は埼玉県に続いて2例目。オオゴマダラは石垣市の市蝶としても知られる。  県のシンボルでは県章、県花、県木、県鳥、県魚、県民の歌...

長野日報社

「春の交通安全」映像で啓発 伊那署が広報収録

伊那署と伊那ケーブルテレビジョン(伊那市)は2日、交通安全啓発の広報映像を同署で収録した。春の交通安全運動(6~15日)の一環。今回の運動は新型コロナウイルスの影響で県内各署が活動規模を縮小。...

荘内日報社

山口さんのアマゾンコレクション 6年ぶり公開展示 3日から致道博物館

 鶴岡市在住で文化人類学研究者の山口吉彦さん(78)が、アマゾンの原住民らと交流しながら収集した資料の展覧会が3日から、同市の致道博物館で開かれる。2014年3月に市のアマゾン自然館・民族館が閉館後、アマ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク