全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

伝統文化の継承学ぶ 東海地区から中尾歌舞伎鑑賞

「義経千本桜 鮨屋の段」を上演した中尾歌舞伎の特別公演

伊那市無形民俗文化財「中尾歌舞伎」の特別公演が8日、同市長谷伝統文化等保存伝習施設中尾座で行われた。社会人研修「青年塾」の東海クラス23期生が伊那講座として開催。中尾歌舞伎後援会の賛助会員を含めた約100人が、「義経千本桜 鮨屋の段」を鑑賞した。

物語は源平の合戦に敗れた平家一門の武将平惟盛が身を隠す吉野のつるべ鮨屋が舞台。惟盛をかばう鮨屋一家と追っ手とのやりとりが、見る人に家族愛を伝える歌舞伎で、見どころでは場内から掛け声が飛んだ。

志の高い人材を育てる研修を自ら企画している「青年塾」の塾生が、7日から3日間の日程で行っている伊那講座の研修教材に中尾歌舞伎を選び、伝統文化の継承を学んだ。愛知県から来訪した23期生年間リーダーの伊藤一生さん(36)は「私たちは昔の人たちの思いを知らないでいる。地元住民が自ら出演し、継承されてきた中尾歌舞伎から、継承に関わってきた人たちの思いを知り、地域の伝統文化を見直す機会にしたい」と話した。

開演前には中尾歌舞伎保存会の西村篝代表が中尾歌舞伎の歴史を語り、「炭焼きや林業を主な仕事にしていた地域の皆さんがお金を出し合い、なんとかやっていた。その志を次につなげていかないといけない。それが私たちの役目」と述べた。

関連記事

長野日報社

特急あずさ55周年でスタンプラリー 長野県上諏訪駅は独自の台紙3種類

 長野県諏訪地方と首都圏を結ぶJR中央線の特急「あずさ」号が今月12日に運行開始55周年を迎える。東日本旅客鉄道は1日から主要各駅でオリジナルスタンプのラリーやグッズ販売などのイベントを催す。JR...

荘内日報社

食堂への間借り出店スタート ギャラリー温泉「町湯」 多くの店とのつながり期..

 庄内町のギャラリー温泉「町湯」(齋藤千佳子支配人)で27日、施設内の食堂を貸し出す「間借り出店」を開始した。第1弾として「ハラダのカレー」が出店し、利用客らがスパイスの効いたオリジナルカレーを堪能し...

長野日報社

中ア山麓の酒造り紹介 オンラインで「美酒フェスタ」

 長野県の中央アルプス山麓で育まれた酒を味わう「第15回中央アルプス山麓美酒フェスタ」(実行委員会主催)が27日夜、オンライン形式で開かれた。地元酒造メーカー4社の代表が、各酒蔵の紹介や造り手によ...

荘内日報社

12年に1度「神主舞」奉納(出羽三山神社新嘗祭)丑歳御縁年農作物順調な収穫..

 出羽三山神社(宮野直生宮司)の新嘗(にいなめ)祭が23日、鶴岡市の羽黒山頂の合祭殿で行われた。  新嘗祭は、農作物が順調に収穫できたことを感謝する祭り。五穀豊(ほう)穣(じょう)を祈願する...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク