全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

御神渡り期待 八剱神社が諏訪湖の監視開始

御神渡りの監視をする八剱神社の宮坂清宮司(中央)と氏子総代ら

 諏訪湖面に張った氷がせり上がる御神渡り(御渡り)の判定と神事をつかさどる八剱神社(諏訪市小和田)は二十四節気の一つ「小寒」の6日朝、諏訪湖の結氷状況の監視を始めた。宮坂清宮司(69)や宮坂平馬大総代(66)、氏子総代ら15人が同市豊田の舟渡川河口付近に集まり、気温や水温、湖面状況を確認した。

 監視初日は最低気温が氷点下6・1度で今季最も寒い朝となった。水面には薄氷が浮かんでいたが、今冬は例年に比べて気温が高い日が続いていることもあり、湖面全体では穏やかな波が打っていた。湖岸から温度計で水深1メートルほどの水温を測ると、2度だった。

 宮坂宮司は「冬の訪れを感じるような朝になった。大寒、節分に向けて寒暖を繰り返し、寒気が増して全面結氷すれば御神渡りが見られるのではないか」と期待した。宮坂大総代は「温暖化で厳しい状況にある。このまま冷え込んでくれれば」と話した。

 氷がせり上がるには湖面が全面結氷し、氷点下10度近くまで冷え込む日が2、3日ほど続くのが一つの目安になるという。

関連記事

エゾリス救う協力を ネットで研究費募る 帯広畜大特任講師 浅利さん

 帯広畜産大の浅利裕伸特任講師が、エゾリスの交通事故を減らすための研究にかかる費用をクラウドファンディング(CF)で募っている。林と林をつなぐエゾリスの歩道橋の活用状況などを調べ、より効果的な方法...

宇部日報社

二俣瀬小に新体育館

 二俣瀬小(久保田智子校長、35人)の新体育館「日吉の森アリーナ」の竣工(しゅんこう)記念式典と記念行事の大相撲二俣瀬場所が16日、同体育館で行われた。卒業生や地域住民、工事関係者ら約200人が...

釧路新聞社

今季最多1903人、熱い声援【釧路】

 釧路を本拠地とするアイスホッケークラブチームのひがし北海道クレインズは16日、日本製紙アイスアリーナで、アジアリーグ2019―20のレギュラーリーグ最終戦で、王子イーグルスと対戦し、3―6で敗れ...

人形劇に子どもら笑顔 9団体が11演目披露 九州フェス石垣島大会

 第56回九州人形劇フェスティバル石垣島大会(主催・九州人形劇サークル協議会、児童文化サークルくにぶん木の会)が16日、大浜公民館で行われ、くにぶん木の会を含む9団体が11演目を披露、会場に子どもた...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク