全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

台湾・嘉義市で28日開幕「日台国際野球大会」 酒田の2選手 東北選抜で出場

 28日(土)に台湾・嘉義市で開幕する「第17回日台国際野球大会」にエントリーした「東北選抜」のメンバーに、庄内地域の中学生で組織する硬式野球のクラブチーム「酒田リトルシニア」(酒田市、本間義浩会長)に所属する選手2人が選ばれた。両選手は「野球を楽しんできたい」「個性を生かして頑張る」と意気込みを語った。

 酒田リトルシニアは2008年に結成。日本リトルシニア中学硬式野球協会に所属しており、同協会が主催する各種大会にエントリーしている。今夏、中学生硬式野球の全国大会「リポビタンカップ第47回日本選手権大会」に東北代表として出場した。

 今回、東北選抜に加わって初の国際大会に挑むのは、主将の鳴瀬羽空選手(14)=酒田六中2年=と、捕手、投手、内野手と複数のポジションをこなす住石孝雄選手(14)=酒田三中2年=の2人。今年9―10月に行われた秋季新人東北大会での活躍が関係者の目に留まり、東北選抜のメンバーに入った。

 長年にわたって酒田リトルシニアでコーチを務める井上芳さん(49)=酒田市=は「共に現在のチームの中心選手。野球に向かう姿勢が前向き」と話す。「高校でも活躍できるよう、複数のポジションができるようにチームでは指導している」と続け、住石選手同様、鳴瀬選手も内野手、投手ができるという。

 鳴瀬選手は「選抜チームのメンバーに選ばれたことに感謝。いつもはライバル同士となる他のメンバーのプレーを見て、自分やチームに足りないところを学びたい。何より野球を楽しんでくる」、住石選手は「監督、コーチ、家族、学校など応援してくれる人たちに感謝したい。複数のポジションをこなせるという個性を生かし頑張ってくる」とそれぞれ話した。

 2人は26日(木)に酒田を出発し仙台市内で他のメンバーと合流。合同練習後に空路、台湾へ。来年1月1日(水)まで5日間にわたって繰り広げられる大会に臨む。

東北選抜に選ばれた鳴瀬選手(右)と住石選手

関連記事

アプリ使い曲作りに挑戦

豊橋で小中学生  「目指せ!令和の古関裕而」と題した子ども向け作曲体験会が8日、豊橋市西幸町の豊橋サイエンスコアであった。NHK連続テレビ小説「エール」にちなんで市が企画。子どもたちは音楽...

荘内日報社

レジ袋削減へ「あずま袋」製作

 昨年度の日本政策金融公庫主催「高校生ビジネスプラン・グランプリ」で、上位100件のアイデアに贈られる「ベスト100」に選ばれた酒田市の酒田光陵高校ビジネス流通科3年の佐藤海月(みつき)さん(17)のプラン...

来訪準備は2週間前から コロナ禍「島旅のしおり」 奄美大島5市町村

 鹿児島県の奄美大島5市町村は7日までに、コロナ禍で奄美旅行を楽しむための「島旅のしおり」を作成し、各市町村ホームページ(HP)に掲載した。新型コロナウイルスの潜伏期間を考慮し、来島2週間前から...

宇部日報社

宇部大空襲の記憶伝える看板

 宇部大空襲(1945年4月26日~8月5日)から75年。焼夷(しょうい)弾による火の雨で焼け野原となった地元の悲惨さを後世に伝えようと東岐波の前田自治会(嶋村伸矢会長)は7日、前田集会所にある...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク