全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

釧路新聞社

谷口夫妻 林産で天皇杯【標茶】

丹精込めたカラマツ苗畑前で天皇杯を手にする谷口会長と希子さん、次女の美登里さん(右から)=弟子屈町屈斜路

谷口種苗農園(町開運8)取締役会長の谷口洋一郎さん(77)と同取締役の希(まれ)子(こ)さん(70)夫妻が、2019年度第58回農林水産祭天皇杯(林産)を受賞した。

天皇杯林産部門の受賞は道内では16年ぶり、企業や団体ではない夫婦での受賞は初めて。女性が働きやすい環境づくりや柔軟な就労時間設定による人材確保、道東の気候に合う品種育成などへの長年の功績が認められた。

同社は社員、パートを含め約6割を女性が占める。人手不足が叫ばれる中、希子さんの人脈を生かした地元雇用をはじめ、子育て中の母親たちから20年以上勤務する80歳のベテランまで、1日数時間の勤務や短期間就労など柔軟な勤務態勢で人材を確保。

女性専用トイレの設置や大型・大型特殊免許取得の助成もあり「屋外の力仕事で厳しい」と思われがちな業種ながら、女性も働きやすい環境づくりに努めている。夫妻の3人の娘たちも仕事に従事し、会社を支えている。

関連記事

荘内日報社

7地域の味を地元出身者へ 来月上旬から「出羽ふるさと応援便」“出発” 出羽商..

 出羽商工会(本所・鶴岡市大山、上野隆一会長)は新型コロナウイルス対策で、管内7地域ごとの物産をセットにして送る「出羽ふるさと応援便」を来月上旬から実施する。地酒や漬物、お菓子、果物、海産物などを、...

幻想的アイヌの世界 屋外プロジェクション公開-白老・ウポポイ

 12日に開業する白老町のアイヌ文化発信拠点、民族共生象徴空間(ウポポイ)で9日、報道向けの内覧会が開かれた。夜間プログラムの屋外プロジェクションが初公開され、光輝く映像や音で迫力あるマッピング...

むかわ竜やホッピーの縫いぐるみをネット販売 CFで予約受け付け中-M D..

 むかわ地域商社「M Dino」(エムディノ、遠藤研二代表)は、穂別地区で発見されたハドロサウルス科の草食恐竜「カムイサウルス・ジャポニクス」(むかわ竜)をイメージした縫いぐるみを制作した。当面...

没後50年 新たな日勝像 11日開幕 鹿追

 鹿追ゆかりの画家神田日勝(1937~70年)の没後50年回顧展「大地への筆触」が11日、神田日勝記念美術館(町東町3)で開幕する。同時代の作家の画風を吸収しながら独自の表現方法を追求し続けた...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク