全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

綴れ織り「阿弥陀如来」「観世音菩薩」「勢至菩薩」三部作 平和への願い託し

 鶴岡市西荒屋在住の長南光(みつ)さん(70)が仏画・三部作の綴(つづ)れ織り作品を完成させ、同じ櫛引地域丸岡の天澤寺(てんたくじ)で開眼供養(式)が13日行われた。

 鶴岡市出身で綴れ織りの世界的な名匠と知られた遠藤虚籟(きょらい)が生前作ったものを2分の1サイズに復元させたもので、「阿弥陀如来」「観世音菩薩」「勢至菩薩」の3作品。「阿弥陀如来」は世界平和を祈念し、米国ニューヨークの国連本部に1950(昭和25)年に贈られ、現在も展示されている。

 当初は10年計画で完成を目指していたという長南さんだが「虚籟先生が下りてきたのか3年で完成させることができた」という。農業の傍ら農家民宿・知憩軒を営んでいることでも知られるが入魂の作品だったようだ。

 自宅近くに虚籟作品を所有している人がおり、見ているうちに心奪われ、綴れ織り制作に打ち込むようになって足かけ30年という。

 天澤寺は終戦前後、虚籟が寄宿しさまざまな作品を制作し、また戦国時代の武将、加藤清正の墳墓があることでも知られる。

 作品は6月17日に完成し翌18日朝、同境内の墓前に報告された。その夜、庄内沖を震源とする地震が起こった。「何か、やはり縁があったというか…。自然を含めて世の中の平和を作品に託したい」と語った。

 多くの市民が気軽に見られることを作者として希望しており、今後鶴岡市など関係団体と調整される運びだ。

虚籟さんが下りてきたようだったと語った長南さん。左から勢至菩薩、阿弥陀如来、観世音菩薩

関連記事

紀伊民報社

幸福の黄色いカエル 和歌山県立自然博物館で展示

 和歌山県田辺市の大塔地域で、黄色いカエルが見つかった。通常は緑色をしたシュレーゲルアオガエル(アオガエル科)の色彩変異個体。展示を始めた県立自然博物館(海南市船尾)によると、目立つために捕食者...

ご当地グルメに舌鼓 「大北海道うまいもの市」盛況 苫小牧

苫小牧市表町のグランドホテルニュー王子1階旧レストランハルニレで22日、物産展「大北海道うまいもの市」が始まった。稚内や旭川、釧路、函館など全道各地の特産品やご当地グルメなど約150品目が並び、買...

黒ニンニク ペーストに 熟成で甘く、臭いも軽減 JA十勝清水町

 JA十勝清水町(氷見隆雄組合長)は、清水産ニンニクを原料にした新商品「十勝熟成黒にんにくペースト」(1300円、瓶詰め100グラム)を開発した。サツドラ十勝清水店内の同JAアンテナショップではす...

荘内日報社

郷土食を気軽に“見える化” 「笹巻」まちなか店舗提供テスト事業 鶴岡商議所

 鶴岡商工会議所は、郷土食の提供店の〝見える化〟や、市街地で郷土食が気軽に食べられる仕組みづくりの構築に向けたテスト事業として、市内の飲食店で笹巻の提供を期間限定で行っている。実施店の反応や消費者...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク