全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

地元役者 迫真の演技に拍手

 鶴岡市温海地域の戸沢地区に伝承されている「戸沢花胡蝶歌舞伎」の公演が16日、地元の戸沢自治公民館で行われた。地元住民ほか市内の児童館に通う小学生も観劇に訪れ、約70人の観客が地元役者の2時間にも及ぶ熱演に見入った。

 毎年8月16日に開催されており、お盆に先祖の霊を慰める「供養歌舞伎」とも呼ばれている。起源は定かでないが、隣接する山五十川地区の山五十川歌舞伎(県指定無形民俗文化財)とほぼ同じ約300年の歴史があるとされ、代々、地元住民の手によって伝えられてきた。現在は地元自治会などでつくられる実行委員会(伊藤彦市委員長)が主催している。役者は地元住民で構成され、本番に向け例年6月ごろから、週3回の稽古を積んでいる。若い世代や子どもなど限られた人数でできる芝居を考え毎年、演目と配役を決めている。

 今年は人形浄瑠璃としても知られている「義経千本桜 二段目 渡海屋・大物の浦 知盛討死の場」を演目に、10歳から56歳までの15人が出演。巨大ないかりを体に巻き付け海へ身を投げる知盛最期の白熱したシーンでは、多くの観客が拍手を送った。

 伊藤実行委員長は「伝統ある歌舞伎を通してこれからも地域や世代交流の場になってほしい」と話した。

長丁場に及ぶ白熱した演技を見せた戸沢花胡蝶歌舞伎

関連記事

長野日報社

「竜峡小梅」もぎたて出荷 中川村片桐田島

中川村を中心とした上伊那南部特産の小梅「竜峡小梅」の出荷が最盛期を迎えた。JA上伊那果実選果場の飯島集荷場にも連日、上伊那各地の農家から、もぎたての小梅が持ち込まれている。 JA上伊那本所...

「次会えるときには」

田原在住・視覚障害者の柳田さんがエール送る楽曲制作  新型コロナウイルス禍で、外出自粛を続ける人たちへエールを送る楽曲を田原市南神戸町の視覚障害者、柳田知可さん(34)が制作した。タイトルは...

荘内日報社

コロナ早期終息を願い 赤も鮮やかな大提灯設置 善寳寺

 鶴岡市下川の名刹(めいさつ)・龍澤山善寳寺(五十嵐卓三住職)に赤色も鮮やかな大提灯が新たに納入され、27日、開灯式が行われた。本堂の正面に取り付けられたもので、大きく「龍王尊」の文字が記された。 ...

紀伊民報社

イタドリの優良系統苗を販売 バイオセンター中津

 和歌山県日高川町高津尾のバイオセンター中津は6月から、郷土山菜イタドリ(別名ゴンパチ)の優良系統苗「東牟婁3」の販売を始める。1日から電話予約を受け付け、15日から苗の引き渡しを行う。栽培や植...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク