全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

無病息災祈り輪くぐり

 豊橋市花田二番町の羽田上神社で31日夕方、けがれを払う「輪潜(わくぐり)祭」が行われた。大勢の地域住民らが訪れ、茅(ちがや)の輪をくぐって厄を落とし、無病息災を祈った。  多くの神社で6月末に行われている「夏越しの祓(はらえ)」だが、旧暦や月遅れでも行われ、同神社は7月に行う伝統が受け継がれている。  境内には直径2㍍強の茅の輪が設けられ、次々と訪れる子どもや家族連れ、年配者らが8の字を書くように3度くぐり抜けた。茅で作った輪を身に付ければ災厄から逃れられるとされ、参拝者には茅が配られた。  花田地区に住む孫(4)を連れて訪れた男性(70)は「けがれを落とし、健康で過せることを願って来ています」と話した。  氏子総代会のほか、敬神婦人会も祭りを手伝い、生活雑貨などが当たる福引の対応などに動き回った。

関連記事

豊川の小中学校で人権教室

 今月4~10日の人権週間に合わせて、豊橋人権擁護委員協議会豊川地区委員会(細野文治会長)は豊川市内の小中学校で出張人権教室を開いた。  国府町の市立西部中学校では人権擁護委員11人が来校し「権...

荘内日報社

庄内スマートテロワール 生産されたジャガイモ学校給食に

 鶴岡市を中心に地域で特色ある食料自給圏の形成を目指す「庄内スマート・テロワール(庄内自給圏)」事業で生産されたジャガイモを使った学校給食が今月の限定日、同市内の小中学校37校で実施される。10日は11...

開運おみくじ 1年の始まりに 元日から音更神社で頒布

 音更神社(佐々木敬宮司)は元日から、来年の干支(えと)「子(ね)」にちなんだ手のひらサイズの「開運干支おみくじ」を新たに頒布する。  白色の素焼き陶器をベースに、かわいらしいネズミのイラス...

冬の石垣島、幻想的に 美ら島イルミネーション点灯

 クリスマスを2週間後に控えた11日夕、石垣市役所第2駐車場前で恒例の美ら島イルミネーションが点灯され、約1万球のLEDライトが石垣島の市街地を幻想的に彩った。実施期間は11日から3月末まで。時間...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク