全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

氷壁そびえる 上士幌「秘境の滝」

高さ10メートルから流れ落ちる水が凍結したオソウシナイの滝(上士幌町勢多で)

 上士幌の勢多地区に、地元住民にもほとんど知られていない秘境の滝がある。高さ約10メートルの崖から落ちる水が凍り、幻想的な風景となっている。

 この滝は音更川の西側にあり、崖を30メートルほど削った馬蹄の形をしている。町内のひがし大雪自然館の学芸員の中では語り継がれている滝だが、アクセスしづらい場所のため、ほとんど知る人はいない。

 学芸員の乙幡康之さんによると滝は音更川によって削られ、約70万年掛けてできたという。滝の水はオソウシナイ川から流れていることから「オソウシナイの滝」と呼ばれている。

 滝の氷は重さに耐えきれなかったのか、中央部分に亀裂が入り、内側から流れる水の音がかすかに響いていた。

関連記事

紀伊民報社

シャクナゲ咲く 和歌山・印南の川又観音

 和歌山県印南町川又にある川又観音周辺でシャクナゲ(ツツジ科)が見頃を迎えており、参拝者や写真愛好者が山中に映える鮮やかな花を楽しんでいる。  同町の山間部にある厄よけで知られる観音で、シャクナ...

障害者の芸術イベント アール・ブリュット、苫小牧の2人も活躍

苫小牧市文化会館で3月に開かれた芸術イベント「アール・ブリュットin苫小牧2024」(苫小牧の文化と福祉を考える会主催)では、市内在住のアーティスト2人も活躍した。迷路作家の村川信也さん(50)と...

荘内日報社

プロジェクションマッピング鮮やかに 鶴岡・致道博物館重文「旧西田川郡役所」..

 鶴岡市の致道博物館(酒井忠順館長)にある国指定重要文化財「旧西田川郡役所」のリニューアルオープンを前に19日夜、クラウドファンディング(CF)の協力者を対象にした特別内覧とプロジェクションマッピン...

道の駅おとふけ来場128万人 2年目も好調

 音更町内の「道の駅おとふけ」(なつぞら2、愛称・なつぞらのふる里)が、15日に新築移転オープンから丸2年となった。2年目は、年間来場者数が128万2896人(対前年比14.9%減)で、開業初年(...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク