全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

食用バラの収穫始まる

収穫作業が本格化している食用バラ(15日、古座川町三尾川で)

 和歌山県古座川町三尾川でエディブルローズ(食用バラ)が開花し、本格的な収穫が始まっている。栽培している株式会社「あがらと」の社員らが11月ごろまで作業を続ける。
 同社は、病害虫や獣害よけを目的に竹を骨組みに使ったビニールハウスで、バラ約2500株を栽培している。農薬、化学肥料、動物性肥料を使わない自然栽培で、このバラを原料にジャムに加工、販売している。肉厚な花びらで苦味がなく、生の花弁をそのまま食べても甘みがあるのが特徴で、同社はこのバラを県の新たな特産品にすることを目指している。
 耕作放棄地を開墾し、自然と人に優しい農業を進めている同社は、野菜や米なども栽培、販売している。バラ栽培は3年目で、シロップや化粧品などへの加工も検討している。同社の苅部美乃里さん(31)は「今年のバラは花が大きく、数も多い」と話している。

関連記事

長野日報社

地域住民とみそ造り 茅野市玉川保育園

 茅野市玉川保育園の園児は21日、地域住民とともに恒例のみそ造りを同園で行った。地域交流「コスモスの会」の活動で、園児たちは地域の人たちと手づくりの伝統製法を体験し、楽しく交流を深めた。  原...

豊橋で外食産業展が開幕

 食の祭典「第26回東三河外食産業展示会2019」(東愛知新聞社など後援)が22日、豊橋市神野新田町のホテルシーパレスリゾート室内テニス場を会場に始まった。外食関連の約120社がブースを出し、業務用...

荘内日報社

「酒田のうわさプロジェクト」本格的スタート

 10月にスタートする観光誘客事業「新潟県・庄内エリアデスティネーションキャンペーン(DC)」に向け、酒田の街を楽しい「うわさ」で埋め尽くす「酒田のうわさプロジェクト」が本格的に始まった。青森県八戸...

紀伊民報社

熊野舞台に自転車レース 30日から

 国際自転車競技連合(UCI)公認の国際自転車ロードレース「第21回ツール・ド・熊野」が30日から6月2日までの4日間、和歌山県の新宮市や太地町などで開かれる。17チームが出場予定。主催する新宮...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク