全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

勢子舟の大型模型 道の駅で展示

道の駅「たいじ」で展示されている勢子舟の模型(太地町で)

 日本遺産「鯨とともに生きる」を生かした誘客に取り組んでいる「熊野灘捕鯨文化継承協議会」が、和歌山県太地町森浦にある道の駅「たいじ」に、古式捕鯨で使われた「勢子舟(せこぶね)」を実物の4分の1の大きさで再現した模型を設置した。
 協議会は捕鯨文化の継承を目的に、古式捕鯨で最も重要な勢子舟を復元して多くの人に見てもらいたいと模型の制作を計画した。
 模型の大きさは長さ約3メートル、幅約50センチ。海上で船団の指揮を執った筆頭羽差(はざし)が乗った一番勢子舟で、側面に「桐(きり)に鳳凰」の美しい意匠が描かれている。太地町で工務店を営む橋本達弘さん(72)が船体を制作し、意匠は同町在住の日本画家・土長けいさん(56)が描いた。
 模型は道の駅のレストランで公開している。協議会は「この模型をきっかけにクジラの文化に興味を持ち、この地域を周遊していただければうれしい」と話している。

関連記事

長野日報社

すわっこランド400万人 開館15年目

 諏訪市豊田の温泉・温水利用型健康運動施設「すわっこランド」で15日、オープン以来の入館者数が累計400万人を達成した。幸運な入館者は松本市の女性。金子ゆかり諏訪市長から達成証明証と同施設利用...

竹島水族館で「わたし一肌脱ぎます」展

 脱皮をしたり、他の生物のために懸命になる水生生物をを紹介する企画展「わたし一肌脱ぎます」展が、蒲郡市竹島水族館で開かれている。魚やエビなど9種類を展示している。7月8日まで。  脱皮する生物で...

紀伊民報社

地元消防と連携強化 白浜空港消防隊

 南紀白浜空港(和歌山県白浜町)の消防隊と同町を管轄する町消防本部が、連携を深めている。空港を運営する南紀白浜エアポートは、この連携が空港消防隊のレベルアップにつながるほか、事故や災害時への備え...

荘内日報社

庄内地方の観光スポットとバスの安全な乗り方

 酒田市八幡地域・大沢地区の地域おこし協力隊員、阿部彩人さん(38)=同市大蕨=が中心になり、庄内地方の観光スポットとバスの安全な乗り方を庄内弁で紹介するミュージックビデオを制作し、動画配信サイトな...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク