全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

親子連れら掘削現場見学 日沿道「朝日温海道路」の大岩川トンネル

 日本海沿岸東北自動車道(日沿道)の「朝日温海道路」で、掘削工事が進む大岩川トンネル(仮称、延長1016㍍)の工事見学会が24日、鶴岡市大岩川地内の現地で行われた。庄内各地から親子連れらが参加し、日沿道の本線となるトンネル内で、事業主体の国土交通省酒田河川国道事務所や施工業者から事業概要や掘削工法などの説明を受け、高速道路建設の工事現場に触れた。

 県境を挟む朝日まほろば(新潟県村上市)―あつみ温泉間40・8㌔は、遊佐―象潟(秋田県にかほ市)間17・9㌔とともに、2013年5月に事業化決定。朝日まほろば―あつみ温泉間は国交省が「国道7号朝日温海道路」として整備し、同事務所が県境からあつみ温泉までの庄内側6・7㌔を担当して工事を進めている。

 庄内側には5本のトンネルが設けられ、あつみ温泉インターチェンジ(IC)そばの大岩川トンネルが最初のトンネル工事となり、昨年11月から新潟側に向けて本格的に掘削がスタートした。現在、坑口から延長の1割相当の100㍍まで掘削が進んでいる。同トンネルの工期は2020年10月まで。事業費は約38億7000万円。

 工事見学会は、朝日温海道路の庄内側の本線工事の本格化に合わせ、鶴岡市が同事務所と連携して企画し、同市をはじめ酒田市、庄内町の親子ら35人が参加した。同事務所の担当者が事業の内容、施工者の奥村組東北支店の担当者が掘削工事の概要について説明。参加者はトンネル全体を覆うためのコンクリート製造の現場プラント、コンクリート吹き付けや岩盤に穴を開けるための大型重機などを見学した。施工者は「トンネルを掘り進んで岩盤が出てくれば、ダイナマイトの発破工法で掘削を進めることになる」などと分かりやすく説明していた。

 大型掘削機のデモンストレーション稼働ではトンネル内に大音量が響き、掘り進める場所を正確に判断するためレーザー照射で目印を示していることなども説明され、子どもたちは興味深そうに見学。弟の新太君(7)ら家族で訪れた鶴岡市稲生一丁目の小学4年、五十嵐悠太君(10)は「レーザービームを使っているのに驚いた。絵本で見るのと違って本物のトンネル工事現場は迫力があって、すごいと感じた」と話した。

日沿道「朝日温海道路」の大岩川トンネル内で、掘削現場を見学する参加者たち

関連記事

長野日報社

キヌアが縁で国際交流 駐日ボリビア大使が富士見高訪問

 駐日ボリビア臨時代理大使のアンヘラ・アイリョンさん(44)が19日、国際親善交流で富士見高校(富士見町)を訪れた。同国が主産国の雑穀キヌアの栽培研究を同校生徒が行っている縁。アンヘラさんは園芸科...

荘内日報社

高校生の目線で提言

 酒田市の本年度の「元気みらいワークショップ」が同市の酒田南高校(中原浩子校長)で始まった。市民協働のまちづくりに向け、2016年度から一般市民を対象に実施してきたもので、本年度は初めて高校生を対象に...

紀伊民報社

クジラ骨の鳥居 老朽化で建て替え

 和歌山県の太地町漁協(脊古輝人組合長)は、同町太地の恵比須神社にあるクジラ骨の鳥居を建て替えた。以前の鳥居が老朽化していたためで、19日に関係者が神事をして完成を祝った。  クジラ骨の鳥居は、...

安平に復興シンボル、道の駅オープン 地元の食求めにぎわう

 安平町追分地区で19日、道の駅「あびらD51(デゴイチ)ステーション」がオープンした。"鉄道のまち"をアピールする鉄道資料館を併設し、地元の新鮮な農産物や特産品を並べた施設は、開業と同時に町内外...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク