全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

親子連れら掘削現場見学 日沿道「朝日温海道路」の大岩川トンネル

 日本海沿岸東北自動車道(日沿道)の「朝日温海道路」で、掘削工事が進む大岩川トンネル(仮称、延長1016㍍)の工事見学会が24日、鶴岡市大岩川地内の現地で行われた。庄内各地から親子連れらが参加し、日沿道の本線となるトンネル内で、事業主体の国土交通省酒田河川国道事務所や施工業者から事業概要や掘削工法などの説明を受け、高速道路建設の工事現場に触れた。

 県境を挟む朝日まほろば(新潟県村上市)―あつみ温泉間40・8㌔は、遊佐―象潟(秋田県にかほ市)間17・9㌔とともに、2013年5月に事業化決定。朝日まほろば―あつみ温泉間は国交省が「国道7号朝日温海道路」として整備し、同事務所が県境からあつみ温泉までの庄内側6・7㌔を担当して工事を進めている。

 庄内側には5本のトンネルが設けられ、あつみ温泉インターチェンジ(IC)そばの大岩川トンネルが最初のトンネル工事となり、昨年11月から新潟側に向けて本格的に掘削がスタートした。現在、坑口から延長の1割相当の100㍍まで掘削が進んでいる。同トンネルの工期は2020年10月まで。事業費は約38億7000万円。

 工事見学会は、朝日温海道路の庄内側の本線工事の本格化に合わせ、鶴岡市が同事務所と連携して企画し、同市をはじめ酒田市、庄内町の親子ら35人が参加した。同事務所の担当者が事業の内容、施工者の奥村組東北支店の担当者が掘削工事の概要について説明。参加者はトンネル全体を覆うためのコンクリート製造の現場プラント、コンクリート吹き付けや岩盤に穴を開けるための大型重機などを見学した。施工者は「トンネルを掘り進んで岩盤が出てくれば、ダイナマイトの発破工法で掘削を進めることになる」などと分かりやすく説明していた。

 大型掘削機のデモンストレーション稼働ではトンネル内に大音量が響き、掘り進める場所を正確に判断するためレーザー照射で目印を示していることなども説明され、子どもたちは興味深そうに見学。弟の新太君(7)ら家族で訪れた鶴岡市稲生一丁目の小学4年、五十嵐悠太君(10)は「レーザービームを使っているのに驚いた。絵本で見るのと違って本物のトンネル工事現場は迫力があって、すごいと感じた」と話した。

日沿道「朝日温海道路」の大岩川トンネル内で、掘削現場を見学する参加者たち

関連記事

荘内日報社

森林保全活動で杉の苗木を植栽

 鶴岡市の羽黒高校(牧静雄校長)の3年生たちが26日、学校新校舎建設の木材を切り出した学校創設者関連企業の所有する市内の森林で、杉苗の植栽活動に取り組み、森林の整備や保全活動への理解を深めた。  20...

紀伊民報社

甘酸っぱい香り漂う 梅の塩漬け本格化

 梅の本場である和歌山県みなべ町や田辺・西牟婁で、主力品種「南高」の熟した実を塩に漬け込む作業が本格化している。1次加工である「白干し梅」にする作業で、作業場には甘酸っぱい香りが漂っている。梅雨...

北海道十勝フード&ワインフェスティバル 一流シェフ競演

 「北海道十勝フード&ワインフェスティバル2019」(実行委主催)が25日午後5時から、帯広市内の北海道ホテルで開かれた。約250人が来場し、国内外の一流シェフによる十勝の食材を使った料理とワ...

宇部日報社

ブルーベリー狩り楽しむ、新鮮な甘酸っぱさ人気

 山口市阿東徳佐下の友清りんご園(友清光博代表)で、ブルーベリーが収穫期を迎えた。甘酸っぱい旬の味覚を求めて、多くの来園者が「ブルーベリー狩り」を楽しんでいる。7月20日ごろまで。    約20...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク