全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

パラ五輪メダリスト土田さん講演会

 国際ソロプチミスト豊橋ポート(西川典子会長)主催の「土田和歌子チャリティー講演会」(東愛知新聞社など後援)が9日、豊橋市藤沢町のロワジールホテル豊橋で開かれた。約500人の聴衆が、車イスのアスリートでパラリンピック金メダリストである土田さんの話に耳を傾けた。

 土田さんは高校時代に交通事故で脊髄に損傷を負い車イス生活に。1994年にアイススレッジスピードレース(氷上のソリレース)の選手となり、98年の長野パラリンピックで金メダル2、銀2を獲得。車イス陸上競技に転向し、2004年のアテネで5000㍍で金、フルマラソンで銀メダルを獲り、日本史上初の夏・冬パラリンピック金メダリストとなる。2018年からはパラトライアスロン競技に転向、2020年東京パラリンピックでの金メダルを目指す。同クラブでは、多くの人に土田さんのポジティブなエネルギーを感じてもらおうと、今回の講演を企画した。  「今を受け入れ、今を越える~出会い、そして挑戦」と題した講演では、パラリンピックを中心に自身の生い立ちを紹介。事故に遭った時のショックや障害を受け入れた時の状況、障害者スポーツとの出あいやパラリンピックへの挑戦などを順に話した。「金メダルを獲得したのは、自分もそうだが周りの支えがあってこそ。喜びを分かち合えたのは財産」などと話したほか、出産時には自然分娩に挑んだ話も。来場者は常に前向きで目標を持ち続ける土田さんの話を熱心に聴いていた。  講演会は手話通訳付きで、同クラブでは聴覚障がい者や聾学校生徒、身体障害者施設利用者、桜丘高校の女子陸上部や生物部生徒ら約40人を招待した。

関連記事

荘内日報社

若者が「鶴岡シルク」アピール

 鶴岡の伝統産業の「シルク」をテーマに、地域で伝承されてきた絹文化を生かした新たなまちづくりの創造につなげる「シルクノチカラ2019」が23日(土)午後1時から、鶴岡市の荘銀タクト鶴岡(市文化会館)で開か...

紀伊民報社

豪快に海へダイブ 水陸両用観光バス試乗会

 琵琶湖周辺で水陸両用観光バスツアーを手掛けている「ティアンドティ・コーポレーション」(滋賀県長浜市)が20日、和歌山県田辺市磯間の湊浦漁港で、地元の観光関係者らを対象にした試乗会を開いた。約5...

苫小牧漁協がサケの採卵作業 来春放流へ期待込めて

 苫小牧漁業協同組合の錦多峰さけ・ますふ化場(錦岡)で21日、今季最後のサケの採卵作業が行われた。漁業関係者ら約10人が早朝から、捕獲したサケを選別して人工授精。今季は前年並みの親魚を確保してお...

マレーシアでポートセールス 苫小牧港の機能をアピール

 【マレーシア・クアラルンプール】苫小牧港利用促進協議会(会長・岩倉博文苫小牧市長)が主催する苫小牧港セミナーが20日、海外ポートセールスで訪れたマレーシア・クアラルンプール市のホテルで開かれ、...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク