全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

パラ五輪メダリスト土田さん講演会

 国際ソロプチミスト豊橋ポート(西川典子会長)主催の「土田和歌子チャリティー講演会」(東愛知新聞社など後援)が9日、豊橋市藤沢町のロワジールホテル豊橋で開かれた。約500人の聴衆が、車イスのアスリートでパラリンピック金メダリストである土田さんの話に耳を傾けた。

 土田さんは高校時代に交通事故で脊髄に損傷を負い車イス生活に。1994年にアイススレッジスピードレース(氷上のソリレース)の選手となり、98年の長野パラリンピックで金メダル2、銀2を獲得。車イス陸上競技に転向し、2004年のアテネで5000㍍で金、フルマラソンで銀メダルを獲り、日本史上初の夏・冬パラリンピック金メダリストとなる。2018年からはパラトライアスロン競技に転向、2020年東京パラリンピックでの金メダルを目指す。同クラブでは、多くの人に土田さんのポジティブなエネルギーを感じてもらおうと、今回の講演を企画した。  「今を受け入れ、今を越える~出会い、そして挑戦」と題した講演では、パラリンピックを中心に自身の生い立ちを紹介。事故に遭った時のショックや障害を受け入れた時の状況、障害者スポーツとの出あいやパラリンピックへの挑戦などを順に話した。「金メダルを獲得したのは、自分もそうだが周りの支えがあってこそ。喜びを分かち合えたのは財産」などと話したほか、出産時には自然分娩に挑んだ話も。来場者は常に前向きで目標を持ち続ける土田さんの話を熱心に聴いていた。  講演会は手話通訳付きで、同クラブでは聴覚障がい者や聾学校生徒、身体障害者施設利用者、桜丘高校の女子陸上部や生物部生徒ら約40人を招待した。

関連記事

長野日報社

出征兵の日章旗 駒ケ根に74年ぶり帰郷

 長野県駒ケ根市出身で、太平洋戦争中に中国で戦死した櫛田正一さん=享年36歳=が身に着けていた日章旗が、74年ぶりに同市下平に住む長女の正子さん(80)に返還された。22日に市役所でセレモニー...

鈴鹿8耐レース出場を報告

豊橋市長を表敬訪問  オートバイレースの真夏の祭典「鈴鹿8耐久ロードレース」(28日)に、豊橋市の4輪・2輪車の部品メーカー武蔵精密工業がスポンサーを務めるレーシングチーム「ムサシRTハルク...

荘内日報社

鶴岡・5商店街連携 ツナガル夏まつり

 鶴岡市の中心市街地の5つの商店街が連携した「商店街連携ツナガル夏まつり」が20日夜、連続する山王、銀座、南銀座の3つの通りの約1・2㌔区間を歩行者天国にして行われた。さまざまな飲食の販売や多彩なイベン...

紀伊民報社

メッセージ花火とキャンドル 白良浜の夜彩る

 和歌山県白浜町の白良浜で20日夜、夏恒例のイベント「キャンドルイルミネーション」と「メッセージ花火」があった。ろうそくを立てた紙袋が砂浜に並ぶ中、大切な人への思いが込められたメッセージとともに...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク