全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

更別農高生がカフェ 5月「熱中小」敷地内に

 高校生カフェ始めます-。更別農業高校(細川徹校長)の生徒によるカフェが5月1日に十勝さらべつ熱中小学校(村南1線93)敷地内にオープンする。土・日曜、祝日の限定営業で同校が手掛けた加工品や収穫した野菜を使ったメニューを提供。生徒が接客や店舗運営を実践的に学ぶ他、交流の拠点として村の活性化にもつなげたい考えだ。

5月にコンテナハウスを利用したカフェをオープンする生徒たち。後方はサポートする川口シェフ

 店舗はコンテナハウスを利用した「熱中カフェ」を使用。長く活用がされていなかったことから、向かいにあるレストラン「熱中食堂」のシェフ川口達也さんが高校側に声を掛けて生徒を募った。1、2年生男女6人が決まり、今後人数を増やす予定。

 販売商品は同校が地元企業と共同開発した更別産品を使ったレトルトカレーやドレッシングなど。ソフトドリンクやソフトクリーム、コーヒーなどのカフェメニューも提供する。熱中食堂とも協力し、同校で収穫した野菜を使ったサラダやスムージー、料理なども考えている。村の地域おこし協力隊も接客や調理などで技術指導に当たる。 

 営業期間は土・日曜、祝日の午前11時~午後3時(テスト期間や学校行事日などを除く)。生徒はアルバイトの形態で1日2人ずつ勤務。今後は調理機材の購入や制服を作る予定。資金は15万円を目標に生徒が募金箱などで自主的に募る。

 4月30日にプレオープン予定。生徒は昨年12月から熱中食堂で、提供するメニューの試作品作りなど準備を進めている。同校2年の女子生徒(17)は「地域の方と交流を深めながら気軽に来てもらえる場所にしたい。地域おこしにもつなげたい」と意気込みを話す。

 カフェ運営の全般をサポートする川口シェフは「生徒の作っている野菜を最大限に生かせるメニューを提案したい。店の売り上げを伸ばす方法を生徒自ら考えるなど、将来の可能性を広げられるような経験を積ませたい」と期待している。

関連記事

エコライフおきなわ 4個人5団体を表彰 石垣島初開催 地球の未来や環境考..

 県と自治体の共催による県民環境フェア「エコライフおきなわ2019 ISHIGAKI OKINAWA」(県主催)が16日、石垣市総合体育館を主会場に行われた。地球温暖化対策や自然保護、リサイクル...

長野日報社

「eスポーツ」伊那市で熱戦 初のアンダーリーグ

コンピューターゲームで対戦する「eスポーツ」の振興に取り組む「長野県eスポーツ協会(NeSPA)」は今秋から、プロを目指すアマチュア向けのリーグ戦「アンダーリーグ」を県内各地で試験的に実施して...

紀伊民報社

稚児が舞う 「やつはち」奉納

 和歌山県白浜町堅田、堅田八幡神社の例祭(県文化財)が15日にあり、午前中には、稚児が舞「やつはち」を奉納した。  額と頬に紅を塗った男児3人が、締太鼓に合わせ「右回り」「左回り」「ばちを持ち、...

荘内日報社

スワンスケートリンク営業開始

 酒田市入船町のスケート場「スワンスケートリンク」が16日、今シーズンの営業を開始した。リンクに氷を張る機械の故障で、当初の予定より2週間遅れとなったが、待ちかねた家族連れらが繰り出し、初滑りを楽しん...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク