全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

更別農高生がカフェ 5月「熱中小」敷地内に

 高校生カフェ始めます-。更別農業高校(細川徹校長)の生徒によるカフェが5月1日に十勝さらべつ熱中小学校(村南1線93)敷地内にオープンする。土・日曜、祝日の限定営業で同校が手掛けた加工品や収穫した野菜を使ったメニューを提供。生徒が接客や店舗運営を実践的に学ぶ他、交流の拠点として村の活性化にもつなげたい考えだ。

5月にコンテナハウスを利用したカフェをオープンする生徒たち。後方はサポートする川口シェフ

 店舗はコンテナハウスを利用した「熱中カフェ」を使用。長く活用がされていなかったことから、向かいにあるレストラン「熱中食堂」のシェフ川口達也さんが高校側に声を掛けて生徒を募った。1、2年生男女6人が決まり、今後人数を増やす予定。

 販売商品は同校が地元企業と共同開発した更別産品を使ったレトルトカレーやドレッシングなど。ソフトドリンクやソフトクリーム、コーヒーなどのカフェメニューも提供する。熱中食堂とも協力し、同校で収穫した野菜を使ったサラダやスムージー、料理なども考えている。村の地域おこし協力隊も接客や調理などで技術指導に当たる。 

 営業期間は土・日曜、祝日の午前11時~午後3時(テスト期間や学校行事日などを除く)。生徒はアルバイトの形態で1日2人ずつ勤務。今後は調理機材の購入や制服を作る予定。資金は15万円を目標に生徒が募金箱などで自主的に募る。

 4月30日にプレオープン予定。生徒は昨年12月から熱中食堂で、提供するメニューの試作品作りなど準備を進めている。同校2年の女子生徒(17)は「地域の方と交流を深めながら気軽に来てもらえる場所にしたい。地域おこしにもつなげたい」と意気込みを話す。

 カフェ運営の全般をサポートする川口シェフは「生徒の作っている野菜を最大限に生かせるメニューを提案したい。店の売り上げを伸ばす方法を生徒自ら考えるなど、将来の可能性を広げられるような経験を積ませたい」と期待している。

関連記事

奄美、沖縄合同で西表島視察 自然との共生へこども環境調査隊 

 鹿児島県奄美市内の小中学生6人で結成した「奄美こども環境調査隊」(奄美市教育委員会、南海日日新聞社主催)の沖縄県西表島視察が22日、始まった。初日は干潟の生き物を観察したほか、人と自然の共生に...

荘内日報社

山形大農学部2年生と研究生 就職、定住へ鶴岡の産業学ぶ

 山形大農学部の2年生と研究生を対象にした企業見学会が22日、鶴岡市内の2企業で行われ、学生たちが就学地の産業に理解を深めた。  学生たちに同市の産業の特色や企業活動への関心を高めてもらおうと昨年に...

紀伊民報社

ジオパークセンターが完成

 紀南に広がる貴重な地質遺産の情報を発信する「南紀熊野ジオパークセンター」が、和歌山県串本町潮岬の潮岬観光タワー隣接地に完成した。27日正午にオープンする。  県が約7億4千万円をかけて建設し...

帯広メロン味わって 大玉「プレミアム」登場 出荷開始

 帯広と芽室の農家6戸が栽培している「帯広メロン」の出荷が23日、始まった。販売元のキサキ糧穀(帯広市愛国町)に約300玉が集まり、箱詰めして小売店や贈答用に発送された。  マスクメロンの帯...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク