全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

脱皮のタカアシガニ展示 エビとカニの水族館

脱皮するタカアシガニ。エビとカニの水族館では初めて成功した(すさみ町江住で)

 和歌山県すさみ町江住の町立エビとカニの水族館で4日、世界最大のカニ「タカアシガニ」が脱皮に成功した。同館では初めての成功で、しばらく抜け殻と一緒に展示する。
 脱皮したタカアシガニは甲長約15センチ。エントランス正面の3メートル水槽で飼育されている4匹のうち、最も小さい個体。静岡県の駿河湾沖で漁獲されて昨年4月にやって来た。
 4日午前8時ごろ、出勤したスタッフが脱皮し始めているのに気付き、他の個体と隔離した。徐々に殻を脱いでいったが、午後4時ごろ、脚の最後の1本が引っかかり、動かなくなったため、スタッフが手伝ってようやく脱皮を終えた。脱皮の模様もすべて記録した。脚の長さは脱皮前と比べて10センチほど伸びて約80センチになったという。
 平井厚志館長は「水槽の中ではなかなか脱皮に成功しない。長時間頑張ったタカアシガニを一度見に来てほしい」と呼び掛けている。
◇  タカアシガニは紀南地方でもおなじみのカニ。春の産卵期になると浅い所までやって来て、ヒラメの刺し網などに掛かって水揚げされる。最大では脚を伸ばすと3メートル以上になる。

関連記事

感謝の思い胸に 小学校卒業式 帯広

 十勝管内の多くの小学校で22日、卒業式が行われた。卒業生は4月から通う中学校の制服に身を包み、晴れて学びやを巣立った。  この日、式が行われたのは管内全小学校(93校)の約9割に当たる81...

宇部日報社

県立美術館で扇の特別展

 県立美術館の特別展「扇の国、日本」が、山口市亀山町の同館で開かれている。日常的に使用された紙の扇をはじめ、扇をモチーフとしたびょうぶや器、ふすま絵など、中世の作品を中心に約160点を並べている...

長野日報社

甲信の縄文“魅力発信” 茅野で初フェス

 八ケ岳周辺がエリアの日本遺産「星降る中部高地の縄文世界」の活用に取り組む甲信縄文文化発信・活性化協議会は21日、初の「甲信縄文フェスティバル」を茅野市の茅野市民館で開いた。日本遺産を構成する...

人気の竹島水族館で年間入館者45万人突破

3組の親子に幸運  蒲郡市竹島水族館の年間入館者数が21日、45万人を突破した。今年度は1978(昭和53)年度に統計を初めて以来最多のペース。45万人目の親子にプレゼントを贈った小林龍二館長は「来館し...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク