全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

フクジュソウ顔出す 帯広氷点下10度 春分の日

陽光を浴びて庭先に咲き始めたフクジュソウ

 春分の日の21日、十勝地方は晴れて地表の熱が奪われる放射冷却現象の影響で、各地で冷え込んだ朝を迎えた。帯広市内では寒さに負けずにフクジュソウが花を咲かせ、春の訪れを告げている。

 帯広測候所によると、各地の最低気温は上士幌町ぬかびら源泉郷氷点下17.2度、芽室同15.8度、陸別同15.7度。帯広は同10.6度と2月下旬並みの冷え込みとなったが、正午までに1.4度まで上昇した。

 帯広市西17南39の森田千勝さん(74)宅の庭には3日ほど前からフクジュソウの花が咲くように。森田さんは黄色の花を前に「歩道の除雪をして地面が暖まったことで、他の場所より早く咲いたのでは。花を見ると春が来たと感じる」と柔和な笑顔を浮かべた。

 22日は午後から雪が降る予報で、降雪量は市内で5~10センチ、中南部で15~20センチを予想している。

関連記事

釧路新聞社

阿寒湖のマリモ 25年度以降保全対策を試行【釧路市】

 国の特別天然記念物「阿寒湖のマリモ」の保護と普及啓発、湖の環境保全や適正利用に取り組む官民団体「阿寒湖のマリモ保全推進委員会」(小林道之会長)は21日、釧路市の阿寒湖まりむ館で2024年度総会を...

釧路新聞社

タンチョウのひな2年ぶり誕生 動物園ですくすく【釧路市】

 釧路市動物園(鈴木貴博園長)は21日、タンチョウのひな1羽が生まれたと発表した。同園での繁殖は2022年以来2年ぶり。  父親のコウ(13年か14年生まれ)と母親のアミ(16年生まれ)が4月9...

長野日報社

長野県飯島町の「wave」が稲作の実証実験 ドローンで直播栽培

 長野県飯島町で農業用ドローンの販売から作業メンテナンスを手掛けるシステム開発の「wave」は、小型無人機ドローンを使った稲作の実証実験に取り組んでいる。同町岩間にある同社隣接の水田で、鉄コーティ...

紀伊民報社

印南で小玉スイカ収穫 甘くてシャリシャリ

 JA紀州(本所・和歌山県御坊市)管内で、夏の風物詩となっている小玉スイカが収穫されている。生産が盛んな印南町では7月末まで、農家が丹精込めて育てたスイカの収穫が続く。  小玉スイカは皮が薄く...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク