全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

フクジュソウ顔出す 帯広氷点下10度 春分の日

陽光を浴びて庭先に咲き始めたフクジュソウ

 春分の日の21日、十勝地方は晴れて地表の熱が奪われる放射冷却現象の影響で、各地で冷え込んだ朝を迎えた。帯広市内では寒さに負けずにフクジュソウが花を咲かせ、春の訪れを告げている。

 帯広測候所によると、各地の最低気温は上士幌町ぬかびら源泉郷氷点下17.2度、芽室同15.8度、陸別同15.7度。帯広は同10.6度と2月下旬並みの冷え込みとなったが、正午までに1.4度まで上昇した。

 帯広市西17南39の森田千勝さん(74)宅の庭には3日ほど前からフクジュソウの花が咲くように。森田さんは黄色の花を前に「歩道の除雪をして地面が暖まったことで、他の場所より早く咲いたのでは。花を見ると春が来たと感じる」と柔和な笑顔を浮かべた。

 22日は午後から雪が降る予報で、降雪量は市内で5~10センチ、中南部で15~20センチを予想している。

関連記事

宇部日報社

「雲谷庵跡」のかやぶき屋根のふき替え作業

 室町時代に活躍した画僧、雪舟の工房があった山口市天花1丁目の市史跡「雲谷庵跡」のかやぶき屋根のふき替え作業が10日、始まった。岡山県早島町の職人2人が年内に仕上げる。改修後の公開は来年2月1日...

「ドラえもん」監督の八鍬新之介さん PTA大会で講演 幕別

 帯広市出身で「ドラえもん のび太の月面探査記」などを手掛けたアニメーション監督八鍬新之介さん(38)の講演会が8日、札内コミュニティプラザで開かれた。「映像を通して子どもたちに伝えたいこと」をテ...

101年ぶりの新種と判明 石垣島沖の深海で採取 15年飼育のイソギンチャク..

 沖縄美ら海水族館で約15年にわたり人知れず飼育されてきたイソギンチャクが新種「Synactinernus churaumi」だったと分かった。東京大学などの研究グループが10日付の日本動物学会の学会誌(電子版)に発表し...

釧路新聞社

管内初のマンホールカード【別海】

別海町は14日からマンホールのふたをデザインしたコレクションカード「マンホールカード」を発行する。同カード発行は根室管内では初。2000枚を用意し、役場庁舎で申請を受け、アンケート回答後に手渡す...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク