全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

裁判員「いい経験」「不安」 法曹3者と意見交換 釧路

 裁判員経験者と法曹3者による意見交換会が27日、釧路地方裁判所(本多知成所長)で開かれた。5月に施行10周年を迎える裁判員制度について率直に意見を交わし、経験者からは、自分が選ばれたことに驚きながらも「いい経験だった」などの声が聞かれた。

裁判員制度について意見を交わした経験者と司法関係者(釧路新聞社代表撮影)

 意見交換会は裁判員や補充裁判員の経験者から感想や意見を出してもらい、今後の運用に向けた改善点などを探ることが狙い。この日は裁判員を経験した30~60代の男女4人(うち十勝管内在住者2人)と釧路地裁の小林謙介統括判事、釧路地検の中川知三次席検事、釧路弁護士会の荒井剛会長が参加。同地裁の秋田智子判事補を司会に、座談会形式で進められた。

 経験者の全員が裁判員制度について「認識はしていたが、まさか自分が選ばれるなんて」と話し、釧路市の女性は「裁判に参加することに興味はあった。裁判所に対して堅いイメージがあったが、実際に来ると市役所などと大して変わらなかった」と印象の変化を語った。

 裁判員に選任されると一定期間、拘束されるため、勤務先への影響も考えられる。釧路市の男性は「当時抱えていた仕事は同僚に頼むしかなかった。上司も『呼ばれたなら仕方ない』と理解を示してくれた」としながらも、「裁判が終わってからは残務整理に苦労した」と振り返った。

 帯広市内で女性6人に性的暴行を加えるなどした男に、懲役23年の実刑判決を言い渡した裁判で裁判員を務めた同市の女性は「本当にこの刑で良かったのかと今でも思うことがある」と語り、裁判が終わって1週間ほど眠れないことがあったという。「狭い町だから、被告人とどこかでつながってしまうのではという不安もある。同じ地域の人を選ぶのは良くないのでは」と語った。

 制度施行からの10年間を振り返り、中川次席検事は「捜査や公判のやり方も変化している。模索しながら現在の形になっているが、より充実した制度になるよう皆さんの声を生かしたい」と述べた。

関連記事

紀伊民報社

炎天下に梅ずらり 夏の風物詩「天日干し」始まる

 和歌山県の紀南地方で、特産の梅の天日干しが始まった。梅雨明けの強い日差しの下、塩漬けした梅が容器にずらりと並べられている。  農家は収穫した梅をタンクで1カ月ほど塩に漬け込み、それを出して、...

荘内日報社

酒田舞娘と交流 地元の魅力支える人たち 十坂小で特別授業

 酒田市の十坂小学校(五十嵐敏剛校長)で22日、酒田舞娘(まいこ)を招いた特別授業が開かれた。芸妓(げいぎ)の小鈴姐さん、酒田舞娘の鈴華さんと鈴千代さんの講話・演舞を通し、6年生27人が「酒田の魅力」に...

輝く黄金 ロール点々 小麦収穫 ペース順調 帯広

 小麦の収穫が十勝管内で本格化する中、畑に残った麦わらを専用機械で巻き集めた「麦稈(ばっかん)ロール」が点在する風景を目にするようになった。広大な十勝農業を象徴する、夏限定の牧歌的な一こま。「...

宇部日報社

中学校の垣根越え研さん 厚狭卓球クラブ、部活動の地域移行先駆け【山陽小野..

 中学校部活動の地域連携・地域移行をめぐり、山陽小野田市は2026年度からの休日活動での地域移行を目指して協議を進めている。「地域の子どもたちを地域で育てよう」の共通認識の下、学校や市スポーツ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク