全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

イノシシ急増 捕獲や目撃情報相次ぐ

 鶴岡市内で今冬、体重100キロ超とみられる大型のイノシシの捕獲や、過去に例のない市街地での幼獣の群れの目撃情報が寄せられるなどしている。山梨県で20日、イノシシに襲われた狩猟中の男性が死亡する人的被害も発生している中、鶴岡の猟友会関係者は「庄内でも近年生息数や目撃情報が急増する中、いずれ人にも被害が及ぶことになる」と危機感を強める。

 鶴岡市農政課などによると、昨年12月22日午後11時40分ごろ、同市城南町地内で、幼獣とみられる6頭の群れを目撃したと住民から鶴岡警察署に通報があった。パトカーも出動したが、その後の目撃はなかった。関連は不明だが、同10時ごろには同市上山添や三千刈周辺で、成獣と幼獣の群れが地元猟友会の男性によって目撃されている。車で追跡したというこの男性は「櫛引ではこれまで目撃がなく、驚いた。ライトを当てても、クラクションを鳴らしても意に介さなかった」と振り返る。

 狩猟実績は県が年度末にまとめるため、本年度狩猟期間(昨年11月15日から今年3月31日まで)の現段階でのイノシシ捕獲の全体像は把握できないものの、県猟友会鶴岡支部事務局は、「この冬、藤島や田川、これまで捕られなかった朝日で100キロ以上とみられる大型の捕獲もあったと聞いている。例年よりも多く捕れているのではないか」とし、生息数の増加や天候などの条件に恵まれたことを要因として推測する。

 田川地区では今月13日昼ごろ、体長約170センチ、体重100キロ超とみられる雄1頭が地元猟友会の男性(70)によって捕獲された。前日の12日、同市砂谷の住民から目撃情報が寄せられていたという。男性は「長年相手にしてきたクマとは違う。イノシシの生態に対する知識や、狩猟者の経験も十分でない。頭数が急増し、生息域が拡大している中で、山梨のように人への被害も発生してしまうだろう」と現状を危惧。狩猟者の減少に「生業として狩猟を持続できるような行政の支援を求めたい」と訴えていた。

13日に田川地区で捕獲された大型のイノシシ(提供写真)

関連記事

国府小で大葉農家と給食

 豊川市立国府小学校(山本茂樹校長)で19日、JAひまわりの大葉農家らとの会食会が行われた。児童は豊川産の大葉が献立に入った給食を食べながら、地産地消について学んだ。  給食で出たのは、大葉が入っ...

荘内日報社

庄内沖震源 鶴岡で震度6弱

 18日午後10時22分ごろ、鶴岡市で震度6弱の地震があった。気象庁によると、震源地は庄内沖(酒田の南西50キロ付近)で、震源の深さは14キロ、地震の規模はマグニチュード(M)6・7。新潟県村上市で震度6強、鶴...

紀伊民報社

東京五輪で梅干し提供へ 「JGAP」認証取得

 和歌山県紀南の梅農家有志でつくる「JA紀南GAP・HACCP梅生産研究会」(石神泰会長)は、適切に管理する農場に与えられる「JGAP(ジェイギャップ)」認証を取得した。食の安全や環境保全への取...

宇部日報社

高千帆中で「平和のつどい」 山陽小野田

 戦争の悲惨さを知り平和の尊さを考える「平和のつどい」は18日、山陽小野田市の高千帆中(笹村正三校長、473人)であり、全生徒と地域住民ら約530人が被爆を語り継ぐ会(広島)の語り部の話に耳を傾...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク