全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

羽黒山大鳥居 立柱

 建て替え工事が行われている出羽三山神社(宮野直生宮司)の羽黒山大鳥居の立柱祭が22日、鶴岡市玉川の現地で行われ、羽黒山の表玄関に朱塗りの真新しいシンボルが建立した。

 羽黒山大鳥居は1929(昭和4)年に山形市の篤信家、吉岡鉄太郎氏が奉納し建立。90年ほどがたち、老朽化が進んでいたため、羽黒山頂の三神合祭殿再建200年記念事業の一環で建て替えが行われている。今年6月に解体工事を行い、基礎工事を経て今月15日から18日の夜間帯に大型クレーンを用いての組み立て建設工事が行われた。

 新たな大鳥居は手向地区寄りに5メートルほど移設。鋼板加工造り、親柱間が18メートル、道路から笠木(中央部分)の高さが22・5メートルで、建て替え前より一回り大きくなった。「月山 出羽 湯殿山神社」の社額の修復も行われた。総事業費約3億円。

 立柱祭には同神社役員や工事関係者らが参列。雨降りの中、曳綱の儀や槌打の儀などの神事を行い、参列者が通り初めした。宮野宮司は「長年の懸案だった大鳥居が、覚諄(かくじゅん)別当が合祭殿を再建してから200年の節目の年に建て替えができ、感慨はひとしお。多くの参拝者に見ていただきたく周辺を散策できるように整備し、来年度の竣工(しゅんこう)を目指したい」と話した。

真新しい羽黒山大鳥居が建立した(上)宮野宮司が槌打の儀を行い安泰を祈願

関連記事

長野日報社

諏訪湖のワカサギ守れ 舟で魚食性鳥類追い払い 長野県諏訪市

魚食性鳥類から諏訪湖の水産資源のワカサギを守ろうと、諏訪湖漁業協同組合や県などでつくる諏訪湖漁場活性化協議会が舟を使った追い払いを続けている。来春の採卵事業で十分な魚卵を確保するため、同漁協組...

荘内日報社

庭園に浮かぶ光の映像 幻想的な世界演出 鶴岡「玉川寺」プロジェクションマッ..

 鶴岡市羽黒町の玉川寺で4、5の両日、光の映像「プロジェクションマッピング」が行われた。  冬の誘客を図ろうと県庄内総合支庁地域産業経済課と庄内観光コンベンション協会、玉川寺の3者がタイアップ...

紀伊民報社

木熟ミカンの収穫始まる

 田辺・西牟婁で栽培されている早生温州ミカンのJA紀南のブランド「木熟みかん」の収穫が始まった。実を木にならしたまま熟度を高めるのが特徴で、早生温州ミカンのうち一定の糖度以上を木熟みかんとして出...

恐竜フェスタ にぎわう AR、VRで むかわ竜再現 記念撮影に長い列

むかわ町が恐竜を前面に出してまちをアピールするイベント「恐竜フェスタ」が4、5両日、同町道の駅「四季の館」をメイン会場に開かれた。AR(拡張現実)技術を使い、スマートフォンの画面で「カムイサウルス...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク