全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

子どもが作った店の歌

テーマ曲流れる「ボンとらや」豊橋駅店

 和洋菓子店「ボンとらや」(豊橋市、佐藤昌也社長)の豊橋駅構内にあるお店「mikawa bonTora(ミカワ・ボントラ)」で、鷹丘小学校1年の山本祐里菜さんが作詞・作曲した曲「だいすきなケーキやさん」が流され、来店客からも好評を得ている。  この歌は、オリエント楽器(豊川市、鎌田幸伸社長)が主催して今年1月に豊川市で行ったヤマハジュニアオリジナルコンサートで発表され、「第4回ぼくのうた、わたしのうた」で金賞を受賞した。山本さんと一緒に、多米小学校1年の根木逢花さんが歌に参加している。  ボンとらやの若女将・佐藤泉美さんと鎌田社長が知り合いで、せっかく金賞を取った曲を埋もれさせてしまうのはもったいないと、店で流すことになった。  だいすきなケーキやさんは、とても楽しい曲で、1番は女の子がケーキをつくる姿、2番は店にケーキが並ぶ様子やケーキを食べて笑顔になったことを歌う。  山本さんは「お母さんと一緒にケーキをつくっていたときに思いついた曲です。多くのお客さんに聞いてほしい」、根木さんは「友達の山本さんがつくった曲が、お店で流れるなんてすごい。びっくりしました」と話していた。

関連記事

思いやりの心で栽培を 大本小で「人権の花」植え付け

 花の栽培を通して思いやりの心や人権意識を身に付けてもらうことを目的とした「人権の花」の植え付け式が19日午前、今年度指定校の大本小学校(知念克治校長)で行われ、全児童9人と関係者がベゴニアの苗18...

長野日報社

新生「御湖鶴」 下諏訪で醸造始め祭

 下諏訪町の酒造会社菱友醸造の破綻で途絶えた日本酒「御湖鶴」のブランドを引き継ぐ磐栄運送(本社福島県)が19日、酒造りの開始を前にした「醸造始め祭」を、同町御田町の酒造場で行った。22日から仕...

生徒が模擬裁判員裁判

 新城市立作手中学校(木村恭一校長)で19日、県弁護士会東三河支部の会員弁護士4人による出前授業が開かれた。3年生13人は裁判員裁判となった強盗致傷事件の模擬裁判員となり、弁護士と一緒に被告が有罪か...

荘内日報社

鶴岡南高生と鶴岡駅前商店街振興組合が連携 27日「鶴お菓子まつり」開催

 県立鶴岡南高校の2年生5人と、鶴岡駅前商店街振興組合が連携して、「菓子」をテーマにした駅前活性化イベント「鶴お菓子まつり」の開催に向けて準備を進めている。27日(土)、FOODEVERとマリカ広場で...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク