全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

バスロケーションシステム導入

 酒田市は10日、携帯電話などを通じて市福祉乗合バス「るんるんバス」の運行状況を知ることができる「バスロケーションシステム」を、今年10月1日から導入すると発表した。

 高齢化などに伴い列車やバスなど公共交通の重要性が増す中、同市では2016年7月に策定した市地域公共交通網形成計画に基づき20年度までに市全体のバス路線を再編する作業を進めている。今回は、その作業の中で出てきた利用者の声を受け、バスの利便性を高める一環で導入する。

 導入するのは、るんるんバスの▽市内循環右回り線▽同左回り線▽酒田駅大学線▽古湊砂越駅線▽酒田駅かんぽ線―の全5路線。バスに載せたスマートフォンのGPS(衛星利用測位システム)機能で走行位置などの情報が発信され、バス利用者は自分のスマホなどを使い、運行状況を知ることができる。

 使い方は、スマホやフィーチャーフォン(従来型のいわゆるガラケーで、インターネット接続機能があるもの)、パソコン、タブレット端末で、公共交通施策の支援などを手掛ける「ケー・シー・エス」(本社・東京都)が運営している専用サイトにアクセスする。

 そして、5路線の中から知りたい路線、乗るバス停、降りるバス停を順に選ぶと、今後のバスの到着予定時刻や、運行状況(『〇分遅れで8つ前のバス停を出た』など)の情報が表示される。地図でバスの現在地も分かる。  システムの導入経費は、ケー・シー・エスへの業務委託料で、本年度分は135万円、来年度以降は月3万6000円を見込んでいる。県内で同システムは山形交通(本社・山形市)が既に導入しているが、自治体が運行するバスとしては酒田市が初という。

タブレット端末とモニターを使い、バスロケーションシステムのデモを行う丸山市長=10日、市役所で

 丸山至市長は10日の定例記者会見で、自らタブレット端末とモニター画面を使って使い方をデモンストレーションし、「現状ではバスがどこを走っているか分からず、どのぐらい待つかも分からないが、そうした不安が解消され、観光客もバスをより使いやすくなる。運用状況を見て、他の路線に導入することも検討したい」と話した。  詳細は専用サイト=http://subtour-z.com/sakata/=へ。既に試験的に公開している

関連記事

荘内日報社

ナツメヤシ使い菓子開発

 アラブ首長国連邦(UAE)から来日しているUAE大学農学系の学生らが、鶴岡市覚岸寺の菓子製造販売「木村屋」(吉野隆一社長)の工場内で、中東特産のデーツ(ナツメヤシの実)を使ったオリジナル菓子の開...

紀伊民報社

印南町の教育旅行 海外からの受け入れ増

 和歌山県印南町の教育旅行誘致協議会「いなみかえるの宿」(辻井修会長)は2018年度、国内外から348人の子どもたちを教育旅行で受け入れた。今後も取り組みを進めるため、ホストファミリーを募集して...

宇部日報社

フードバンク事業スタート

 宇部市とNPO法人フードバンク山口は16日から、まだ食べられるのに処分されてしまう食品を回収するポストを市内5カ所に設置し、フードバンク事業を開始した。食品ロスを削減するとともに、児童施設や子...

限定の特大シジミ 大樹・生花苗沼で一日だけの漁

 大樹町内の生花苗沼(オイカマナイトー)で17日、1年に1日だけのヤマトシジミ漁が行われた。漁業者は、殻長が5センチ以上になる特大サイズのシジミを、泥の中から懸命に手で掘り出していた。  大樹...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク