全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

削蹄の技 しのぎ削る 帯広畜大で全道大会

牛の動きをコントロールし、削蹄の技術を競う参加者

 牛のひづめを整える削蹄(さくてい)の全道大会が3、4の両日、帯広市内の帯広畜産大学で開かれた。4日の実技競技では道内の削蹄師が日ごろの業務で磨いた技術を披露した。

 技能の向上を図るため、北海道牛削蹄師会(阿部優会長、会員170人)が主催し、毎年開いている。畜大が会場となるのは3回目。管内の7人を含めて計31人が参加した。

 牛を固定しないで削蹄する「単独保定の部」は全国大会の予選も兼ねた。参加者は制限時間20分で、専用のなたや鎌、やすりを使って前足と後ろ足の1本ずつを整形。審査員がひづめ同士のバランスなどを評価した。

 3日には牛の姿勢を見て削蹄方針を決める筆記競技も実施した。開会式で阿部会長(58)は「最高の技術で素晴らしい削蹄を見せてほしい」と参加者を激励した。

 牛のひづめは1カ月で5ミリほど伸び、1年で3、4回の削蹄が必要になる。伸び過ぎると足や関節を痛めて立てなくなるなど、乳量や肉質に影響が及ぶという。

関連記事

紀伊民報社

印南で小玉スイカ収穫 甘くてシャリシャリ

 JA紀州(本所・和歌山県御坊市)管内で、夏の風物詩となっている小玉スイカが収穫されている。生産が盛んな印南町では7月末まで、農家が丹精込めて育てたスイカの収穫が続く。  小玉スイカは皮が薄く...

荘内日報社

ディズニー仲間たち パレードが夢の世界へ 酒田まつりに登場

 ミッキーマウスらディズニーの仲間によるスペシャルパレードが20日夕、「酒田まつり」の本祭りに合わせ酒田市の中心市街地で行われ、沿道を埋めた見物客を夢の世界に引き込んだ。  東京ディズニーリゾート...

宇部日報社

市空き店舗利活用事業 セメント町の支援拡大【山陽小野田】

 山陽小野田市は、空き店舗等利活用支援事業のうち、旧セメント町商店街周辺地区に限って、今年度から補助額の上限を50万円から100万円に引き上げた。エリア内に複合施設「Aスクエア」が新しくオープ...

撮影風景や衣装を間近に 映画「馬橇の花嫁」帯広競馬場で展示

 幕別町出身の映像作家逢坂芳郎さん(43)が脚本・監督を務め、昭和30年代の十勝の農村を舞台とした短編映画「馬橇(そり)の花嫁」の公開に先立ち、特別パネル展が帯広競馬場で開かれている。場面写真...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク